手取り15万円を超えられない

50歳で手取り15万円を超えられないお金を稼ぐ現実は厳しい!

45歳からは非正規雇用の仕事を転々とする働き方の繰り返しでした。

どうしても手取りで15万円の壁が超えられません。

自己責任なのでしょうか。

手取り15万円を超えられない

手取り15万円を超えられない働き方

50歳になったころ、やっと工場勤務の三交替の仕事が見つかりました。

 

働ける場のあるありがたみを感じながら、定年まで働き続けたいと思っていても、手取り15万円の壁を越えられないのです。

 

これでは生活するだけで精一杯、貯金も思うようにできません。

 

これも自己責任なのでしょうか。

 

50代で少しでも老後資金を貯めないと、60代は下流老人か老後破産へまっしぐらです。

 

なぜ手取り15万円の壁を越えられないのか……、自分に情けなさを感じていました。

 

そんな時に派遣会社が工場から撤退したのです。

 

 

手取り15万円を超えた働き方は時間を増やしただけ

また失業するのかと思っていたら、幸いにも契約社員として工場に残ることができ、12時間交代で働くことができました。

 

12時間交代で仕事をするようになって、さすがに手取り15万円の壁を越えることも、20万円も稼げるようになったのです。

 

しかし3ヶ月ごとに契約更新があり、いつ契約満了と言われるか分かりません。

 

3ヶ月ごとの契約書にサインすると「これで3ヶ月は安心」と言った感じですから、日々節約して無駄な出費をしないように心がけていました。

 

12時間の2交代という働き方にも慣れて、1年、2年と時が過ぎてくると、契約更新の不安も忘れてしまうものです。

 

このまま定年まで働ければ、老後資金を少しは貯めることができそうな気がしてきました。

 

そういった順風満帆に思えたころに、人間万事塞翁が馬が訪れるのでしょうか。

 

 

スポンサー リンク

55歳で雇い止めです!

55歳で新しい試練が始まりました。

 

ただ一つの救いは失業給付金が半年以上もらえたことです。

 

55歳で失業すると、ハローワークで仕事を探しても簡単には見つかりません。

 

手取り20万円は無理でも15万円の仕事ならありますが、雇ってもらえないのです。

 

手取り15万円当たりの仕事を探す人も多く、若い人が先に雇われます。

 

そこで手取り12万円くらいの仕事を探すと、今度は女性たちが多いのです。

 

どう頑張って探しても面接さえできません。

探す意欲も働く意欲もなくなってしまいます。

 

これも自己責任なのでしょうか。

 

 

働き方を変える時が来た

「誰か手取り15万円とか20万円稼げる仕事を紹介してください」必死で頑張りますから、と思ってもどうにもならないのです。

 

生きること働くことの大変さを50代でとことん実感しました。

 

そんな困った時に、人間万事塞翁が馬が訪れたのです。

 

わたしはパソコンが使えても、就職には役立たないことも分かっていたので、暇な時間を利用して趣味でホームページを作っていました。

 

これが幸いして、新しい働き方に出会ったのです。

それが「Google AdSense」でした。

 

 

60代自力で手取り15万円の壁を超える

「雇ってもらえないなら自分で稼ぐしかない」と覚悟を決めて、工場勤務で貯めた貯金を取り崩しながら、必死でホームページ作りに没頭してみたのです。

 

半年続けても稼げませんでしたが「絶対に何とかしたい」という気持ちが強くなって、一年間必死でした。

 

お金を稼ぐ現実は厳しい!

しかし自力で稼ごうとすると、1円のお金を稼ぐということすら難しいのです。

 

会社で働いていた時には手取り15万円の壁を越えるには、人並みの働き方以上に働かなければ稼げませんでした。

 

自力で稼ぐ場合には「正しい方法で稼げるまで継続する」以外にありません。

 

一念岩をも通すと言われますので、とことんやってみたのです。
「強い信念をもって物事に当たれば、どんな事でも成し遂げることができる」と確信しました。

 

そして2年後からは手取り15万円から20万円の壁は自力で超えられたのですが、お金を稼ぐ現実は厳しいですね。

 

そして3年、5年と継続していたら、自由という生き方ができるようになってきました。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)で稼ぐとはどういうことなのかは、こちらのページをご覧ください。

 

 

関連記事:

シェアじゃんblogホームへ戻る

スポンサー リンク
手取り15万円を超えられない
最新情報をチェックしよう!