望みを叶える方法

50代夢も希望もない人生に「喝」を入れたら60代から好転した理由

  1. 今現在「夢も希望もない50代」だと感じていますか?
  2. 実は、この記事では『夢も希望もない50代』に向けて、夢や希望を持てるお金の稼ぎ方や考え方を書いています。
  3. わたしも実際に夢も希望もない50代を経験して、夢と希望のある60代に変えてみました。
  4. この記事では、夢も希望もない50代に夢や希望を探すポイントや方法を紹介しています。
  5. この記事を読んだ後に、コツコツ行動すれば、夢も希望もある50代や60代の生き方ができます。

夢も希望もないと言う人でも、夢や希望を叶えています。

「今日は何もしたくない」と考えて、何もしない一日を過ごしたとしたら、もうあなたの夢と希望が叶ったことになるのです。

 

夢も希望もないと考えているから、その願いが叶っていると考えることもできます。

頭で考えることもネガティブなことには、注意したほうがいいのです。

 

夢を叶えることは、小さな希望をつなぎ合わせた先にあります。

まずは小さな希望を考えて、コツコツ行動することが大切です。

 

行動さえしていれば、その先に、中くらいの夢や希望ができて、さらに行動していると大きな夢や希望が生まれてきます。

 

あなたが信じられるのは、あなた自身の脳みそですから、あなたの脳みそを信じましょう。

 

 

夢も希望もない人生をどう生きるか、ネットで調べたかもしれません。

その答えは見つかったでしょうか。

 

人生はどう頑張っても、あなたが「思った通り」にしかなりません

 

過去を振り返ってみると、気づかなかっただけで自分で決断し、あなたが考えた通りに生きてきたと思います。

 

夢も希望もないと考えると、夢も希望も無くなってしまうでしょう。

ですからこれからの人生をしっかり見つめ直し、目標や夢を描いて希望を持つことが大切です。

 

 

夢や希望もない人生は自分で作っているだけかも

恋人、お金、仕事もなくなると結婚、家庭、子供もあきらめたりします。

そうなると夢も希望もない人生になってしまうかもしれません。

 

なぜ夢も希望もない人生になってしまったのか、じっくり考えたことはありますか?

 

じっくり考えているうちに、お金も無くなってしまうと、夢だ希望だと考えている場合ではありません。

 

今日や明日食べるためのお金は何とかあっても、何もしなければいずれ貯金も底をつきます。

 

そういったお金の不安が出てきた時には、さらに悩みを引き寄せて夢も希望もなくなるものです。

 

お金なら働けば何とかなると思っても、50代でどこも雇ってくれないとしたらどうします。

 

 

頭で考えるだけではなく行動すると、40代や50代からでも、あなたが思った通りの人生になってきます

 

スポンサー リンク




 

 

50代夢も希望もない人生でも歩みを止めてはいけない

過ぎた人生を悔やんでも、それは過去のことですから、過去に持っていた夢や希望を捨てる勇気も必要な時です。

 

これから先に新しい夢や希望を持つことで、50代からの生き方も変わります。

 

どんな小さなことでもいいので、まずは自分に自信を持つことを始めましょう。

 

未来に新しい夢や希望を抱かせてくれる一つに仕事があります。

 

夢も希望もない人生でも、意外と自分で仕事して稼げると自信が出てくるものです。

 

思うようにいかないかも知れませんが、行動することが未来を切り開く一歩になります。

 

夢や希望が持てない時でも、一歩前に進むことです。

 

50代でパソコンが使えるなら、まずは家でできる仕事を探してはどうでしょう。

家にいてネットでお金を稼ぐ安全な方法があった!

 

 

50代夢も希望もない人生でもお金のあるうちに行動しなければいけない

50代で夢も希望もない人生になった時には、過去の情けない人生に自分で「喝」を入れる時が来たと思えばいいのです。

 

生活するための基盤となる仕事が見つからなければ、50代から自分でやればいい。

 

過去に雇われた働き方で、夢や希望もない人生になったのですから、自分の力で稼ぐ道を選択してはどうでしょう。

 

自分の力でお金を稼ぐという、50代から新しい夢や希望のある人生にすればいいのです。

 

いまはインターネットとパソコンがありますから、雇われなくても自宅で仕事ができてお金を稼ぐことができます。

 

そういった自由な生き方ができる時代ですから、ネットでお金を稼ぐ夢や希望をもってください。

 

夢も希望もない 50代で見つけた希望

わたし自身は50代で夢や希望を打ち砕かれながらも、ネットの仕事をしたことで夢や希望が持てました。

 

暇と孤独をエネルギーに変えて、一年半ほどネットの作業に没頭したら、60代で働き方も人生も多きく変わってきたのです。

 

雇われる働き方ではなく、自分でお金を稼いで自由に生きることで、60代から夢や希望が再び湧いてきました。

 

そういった経験と体験を書いてみましたので、参考にしてください。

 

 

 

50代後半での失業で、人生最大の試練が……。

夢も希望もない人生に落ち込む気持ちを実感しながら、今までの働き方に「喝」を入れてみました。

60歳目前でも働き方を変えることはできるのです。

 

 

50代夢も希望もない人生に「喝」を入れた

50代後半の時に過去の働き方を振り返りながら、心に「喝」を入れてみました。

 

会社勤めをして残業ばかりで大変な人もいれば、仕事を失ってお金の心配ばかりして過ごす人もいるでしょう。

 

わたしも連日残業をして、翌日遅刻をするような働き方をしたこともあります。

 

遅刻をすれば給料やボーナスに影響して、働いても働いても稼げないこともありました。

 

そういった会社を辞めて転職しても、給料がいい会社に就職できるわけでもありません。

 

一旦そういった働き方になってしまうと、思うようにお金が稼げなくなってしまいます。

 

それでも何らかの仕事をしなければ、生活できないのですから厳しいのです。

 

自分の生活で精いっぱいとなったら、結婚、家庭、子供を持つ夢も頭の中から消えていきます。

 

そういった夢も希望もない人生にどういった「喝」を入れるか、50代の時に考えてみました。

 

50代夢も希望もない人生に不安になった

お金というもののありがたみに気づかずにいると、年齢に関係なく、これほど厄介なことはありません。

 

働けば稼げるというのは分かりますが、60歳を過ぎていつまで働けるのか、見通しが経たない状況になった時のことを考えたことがありますか。

 

働いていれば生活できますが、一旦失業してしまうと収入が途絶えて、貯金を取り崩す生活ですから、いつまで経っても不安から抜けられないのです。

 

若い時ならどんな仕事でもすぐに見つかったのですが、50代後半になると全く雇ってもらえなくなります。

 

仕事がなければお金も無くなり、お金のありがたみと大切さにも気づくものです。

 

歳を取ればとるほど夢も希望もない人生に変わってくる気持ちを実感しながら、50代でこれまでの働き方に「喝」を入れました。

 

働き方が悪かったのですから、働き方を変えることにしたのです。

 

60代夢も希望もない人生に夢と希望を見つけた

60代も老後も生きていかなければなりません。

 

仕事がないとばかり言ってられなくなりましたので、60歳から自分で始めることにしました。

 

インターネットとパソコンがあれば、お金は稼げるということを知ったからです。

 

しかもお金もそれ程かけずに、家でできるのですから夢と希望が湧いてきました。

 

ネットの仕事と言っても自分でテーマを考えて、記事を書くというわけのわからない希望が持てる方法です。

 

 

関連記事:
わけのわからない希望が湧いてくる働き方
60代の自由人が年金生活をしながらブログを書いてます
毎日記事を書きながら、ページ作りをして一年が過ぎてお金が稼げるようになってきました。

 
 

50代の夢も希望もない人生から60代で脱出できた理由

ネットでお金を稼げるようになって、夢と希望が出てきました。

 

ネットの仕事をこれからの生きがいにしようと思って、62歳で個人事業主の開業届を出して自営業を始めたのです。

 

40代や50代に派遣会社で働いていた頃のような不安な気持ちはなくなり、ネットでお金を稼ぐ楽しさに充実感を覚えています。

 

インターネットとパソコンの素晴らしさに驚きながら、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

もしかしたら自分の夢は自由に生きることだったのかも知れません。

 

ネットの仕事でより自由な時間が増えて、60代から新しい夢と希望が湧いてきました。

 

夢も希望もなくなった雇われる働き方から解放され、夢と希望を持ってこのブログを始めています。

 
 

関連記事:
会社で働かないという生き方はできるのか

50代60代はパソコンを使いネットで稼ぐ楽しみのある過ごし方が最適

40代女性の雇われない働き方!一生出来る仕事で食べていく方法

 

望みを叶える方法
最新情報をチェックしよう!