60代自由人

50代60代はパソコンを使いネットで稼ぐ楽しみのある過ごし方が最適

 

あなたは定年後や65歳から「やることが無い」というような生き方はしたくないですよね。

 

今でもやることがないなら、日ごろからパソコンを使えるようにしておくことを考えてはどうでしょう。

 

必ず60代でパソコンが役に立ちますよ。

 

60代自由人

定年後や65歳からお金の心配のない人ならいいのですが、年金だけでは不安と言った場合に、パソコンでお金を稼ぐ方法があるのです。

 

わたしは50代で失業し仕事も貯金もなくなったので、60歳からパソコンを使ってお金を稼いでいます。

 

本気になりさえすれば60歳からでも、パソコンを使って稼ぐことは可能ですね。

 

 

パソコンに慣れておくと60代から活きてくる

パソコンでお金を稼ぐ場合は、60歳になってから覚えるよりは、40代50代のうちに覚えておいた方が良いことは間違いないと思います。

 

いきなり定年後や65歳からパソコンを覚えようとしても、苦労するだけで途中で嫌になるかもしれません。

 

お金儲けとか考えずに趣味でパソコンを使う程度なら、何歳から始めてもいいのですが、やはりパソコンを使ってお金を稼ぐとなると、簡単なことではないのです。

 

わたしも50代では趣味でホームページ作りをやっていましたが、趣味なら気楽にやってられます。

 

そう言った趣味を経験をしているうちに、パソコンやホームページ作りに慣れて、自分で結構作れるようになりました。

 

やはり数をこなして慣れることって大事なんですね。

 

 

パソコン教室でワードエクセルを覚えても就活に役立たない

わたしは何度も失業したことがあるので、ハローワークで紹介されたパソコン教室に通って、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスの基本を覚えながら、パソコンを使えるようになりました。

 

しかし、40代後半や50代でパソコンを覚えても、就活には役立ちませんでした。

 

若い人がパソコンを使えるのですから、40代後半や50代でパソコンの基本くらいできてもダメなのですね。

 

ですから、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスの基本を覚えても無駄で終わりました。

 

パソコンを覚えて個人的に役に立ったことは、インターネットとメールのやり取り、そして文字入力と言った感じでしょうか。

 

 

パソコンで何をやるかを考えることが大事

パソコンの使い方に慣れたら、自分でできる方法を考えないとせっかくの技能が無駄になってしまいます。

 

わたしは50代でホームページソフトを使って、自己流でホームページ作りを覚えたら、60代にすごく役立ったのです。

 

そしていま66歳になってもホームページやブログを作って、自力でお金を稼いで生活できています。

 

いまなら、ワードプレスと言う無料のソフトで、ホームページやブログも作れるのですから、ほとんどお金も掛かりません。

 

ですから、40代や50代のうちにパソコンを覚えて慣れておくと、60代になってからもきっと役に立つと思うのです。

 

実際ホームページやブログを作ったからと言って、すぐに稼げるわけではありませんが、50代からでも始めておくと60代になったころに稼げるようになっているかも知れません。

 

 

60代でパソコンを活かすことも考えてみる

長い目で見てパソコンを使っていると、60代の第二の人生にきっとパソコンが活きてくると確信しています。

 

なぜって?

わたしが実際50代でパソコンの使い方に慣れて、60歳からホームページ作りを始めて、個人事業主で開業できました。

 

そして、年金をもらいながらネットで稼いで、自由な生き方をしているからです。

 

もう6年もパソコンを使ってホームページ作りをしてきたので、今までに作ったページが24時間365日集客して、お金を稼いでくれるので、今日無理して働かなくてもよくなりました。

 

今は年金も入りますから、ブログを書く程度の気楽な生き方になっています。

 

60歳、65歳なんて先のことと思っていると、過ぎるのなんてアッというまですよ。

 

過ぎてみるとなんと時の過ぎるのが早いんだろうと、驚くばかりですから時間を無駄にできませんね。

 

 

パソコンが使えるとお金を稼ぐ方法はある

とにかくパソコンが使えると、自力でお金を稼ぐ方法があるということを知っておいてください。

 

例えばパソコンで文字入力が得意で、記事を書くことが好きならクラウドソーシングの仕事ができます。

 

こちらの家にいてお金を稼ぐ安全な方法のページを見てください。

 

家でできるクラウドソーシングの会社を紹介していますので、一度ご覧になれば分かるのではないでしょうか。

 

40代や50代の時にWEBデザイン関連の仕事をしていた人なら、自宅でできる仕事は豊富にあると思います。

 

それに、自分でサイト作りやブログが書けるなら、自分のサイトを作ってアフィリエイトを始めてみるのもおすすめです。

 

自分でサイト作りができる人なら、アフィリエイトの魅力にも気づけるのではないでしょうか。



パソコンが使えるなら自分でサイト作りもできる

わたしは自分でサイト作りをして、グーグルアドセンス広告を掲載したり、アフィリエイト商品を紹介して報酬をいただく仕事をしています。

 

年金ももらっているので、気楽な気持ちで自由な働き方ができるようになりました。

 

40代50代でパソコンを使えるようにしておくと、60代になっても特に苦手意識もなく、いろんな方法を試せると思っています。

 

パソコン教室に通っても、就活には役立たないかも知れませんが、個人的にはすごく役立つことは間違いありません。

 

わたしは失業中にパソコンを覚えておいて、ほんとに良かったと、今になってつくづく感じるのです。

 

 

パソコンを打ち出の小槌に変えよう

パソコンが使えるだけではなく、パソコンを使って何をしたいかが分からないと、パソコンもただの箱になって机の上に飾っておくだけになってしまいます。

 

しかし、使い方と考え方次第では、パソコンが「打ち出の小槌」に変わることを知らないと、宝の持ち腐れです。

 

あなたが持っているパソコン結構なお値段だったのではないでしょうか?

 

わたしは39,800円のパソコン使ってますが、ほとんど記事を書くだけなので安いパソコンで十分です。

 

そういったパソコンから、どのくらいお金が出てきたかは、こちらのサイトを見ていただけると分かります。

39,800円の中古パソコンからお金が出てきました!

 

インターネット環境が整って、家にいながらパソコンでお金が稼げるのですから、とんでもなく素晴らしい時代を生きていると実感しています。

 
関連記事:
パソコンスキルを身につけるといいことある!
 

60代自由人
最新情報をチェックしよう!