50代で失業し無職の絶望から解放される方法

50代無職の絶望から解放される方法

  1. 50代無職で絶望を感じているのですか?
  2. 実は、この記事で紹介する『50代無職で絶望』から脱出した記事を読むと、無職の絶望から抜け出すヒントが分かります。
  3. なぜなら、わたしも実際に50代無職の絶望から、徐々に立ち直れるようになったからです。
  4. この記事では、50代無職の絶望の中でもできる仕事のポイントや、具体的な方法も紹介しています。
  5. 記事を読み終えて行動すると、今後は無職の絶望からでも、自力でお金稼ぎができるようになって、自由な生き方ができます。

50代で失業し無職の絶望から抜け出した方法

50代で無職の絶望を経験したことがある人でないと、この絶望感は分かりません。

 

しかし、もう50代ではなく、まだ50代と考えればチャンスはまだまだめぐってきます。

 

じっくり自分の生き方を見つめて、働き方や仕事の考え方を変えて準備しておくことです。

 

わたしはパソコンとホームページを利用して、50代無職の絶望を抜け出すために、自分でチャンスを作ってみました

家庭で使っているパソコンで、誰でもお金を稼ぐ方法があります。

家にいてお金を稼ぐ安全な方法をご覧ください。

50代ならチャンスは必ずめぐってくる

野球では9回裏に逆転満塁サヨナラホームランとかありますが、そういった華やかなシーンはめったにあることではありません。

でも、満塁で走者一掃の2塁打などはよくあります。

 

50代で失業し無職の絶望からでも、まだまだ逆転2塁打を放つくらいのチャンスはあると思っているのです。

 

しかし、人生での50代半ばで失業すると、雇ってくれる会社もないのですから、逆転させるチャンスもなく、無職のまま絶望感の中にいるかも知れません。

 

今の時代は50代で無職になっても絶望することなどなくて、自分で仕事を作ってしまえばいいのです。

わたしは絶望感の中から、ふつふつと湧き出てきたのが「雇ってくれないなら自分でやればいい」という思いでした。

 

ピンチだと思っている時にこそ、意外とチャンスの芽が隠れているのかも知れません。

年齢に関係なく誰でもやる気になればできる方法ですから、コロナ禍の中で仕事のことで悩んでいるなら、チャレンジしてみてはどうでしょう。

 

 

やはりピンチはチャンスだった!

家庭用のパソコンを利用してみたら、過去一掃の逆転2塁打を放つ方法もあったのです。

そういった無職の絶望から抜け出した経験を書いてみました。

関連記事:
無職でも生きていける!無職はお金を稼ぐチャンスその方法を紹介

 

50代で失業し無職の絶望から抜け出す考え方

55歳まで働いても失業し無職になると、お金は出る一方ですから、先を考えると不安で不安で精神面や体によくありません。

 

でも少しは貯金もあったので、節約した生活をすれば、2、3年くらいなら生活できるから大丈夫と自分を勇気づけました。

 

何とか生活できているうちに次の仕事を見つけさえすれば、と思っていても見つかりません。

 

ハローワークでは見つからず、自力でも見つからず無職の中で絶望感を味わってしまいました。

 

50代後半では必要のない存在なのか

50代後半で資格も技能もないと、もう会社では必要とされないみたいです。

 

アルバイトも考えたのですが、それでは収入も少ないし、貯金を取り崩しながらの延命策でしかありません。

 

アルバイトの収入と貯金で年金が受給できるまで生活できたとしても、結局年金だけでは暮らせないのですから、一生働き続けることになります。

 

もし、今回のような新型コロナなどで職を失ったり、収入が途絶えたりしたら常に不安の中で生活しなければいけないのです。

 

貯金を取り崩しながら、あと1年くらいなら生活できると思っても、無職ではどうしようもありません。

 

毎日毎日「どうすればいい」と考えながら過ごしていたら、グーグルアドセンスという記事をネットの中で見つけたのです。

 

 

50代後半からでも自力でお金は稼げる

グーグルアドセンスを知っていますか?

ホームページがある人なら、お金を稼げると書いてありました。

 

グーグルアドセンスとは何か知りたい方は、こちらのサイトをご覧ください。
Google AdSense – ウェブサイトを収益化

 

ホームページやブログができる人なら興味を持てると思います。

 

これがネットとの出会いとなって、ネットでお金を稼ぐ方法などを調べるようになったのです。

 

わたしは50代には趣味でホームページ作りをやっていたので、非常に興味を持ってしまいました。

 

ホームページを使ってお金を稼ぐ方法を知ったら「これだ!」と思ったのです。

 

もしあなたがブログやホームページを作れるなら、お金を稼ぐチャンスはありそうです。

 

わたしはグーグルアドセンスに出会って、無職の絶望から逆転のチャンスに巡り合いました。

 

チャンスを生かすために、60歳からホームページ作りに人生をかけています。

 

 

60歳からネットの仕事で無職を脱出し絶望を希望に変える

ネットでお金を稼ぐ方法が分かったことで、雇われる働き方をあきらめました。

 

それ以来就職活動の不安な気持ちも消えて、自分でサイト作りをする楽しさを実感しています。

 

新しい働き方を見つけたことが、お金を稼ぐことについての固定観念を変えてくれました。

 

ホームページを自分で作って、アドセンス広告を掲載してみたのです。

 

広告をクリックして見てくれる人がいれば、数円から10円20円の報酬が発生します。

 

この方法でもお金は稼げるのですが、10円20円の積み重ねですから、大量のページが必要でした。

 

素人の場合たくさんの記事を書くことは大変ですが、少ないページでも集客できる記事が書ければ、お金は稼げます。

 

結局は集客できるテーマで毎日コツコツ記事を書き続けると、次第に集客出来て一日1,000円が稼げて、それを継続していると一日3,000円以上も稼げてくるのです。

 

とにかく自力でお金を稼げると分かると、50代で失業し無職の絶望から抜け出して希望がわいてくるでしょう。

 

月十万円を自力で稼げると、かなり自信が出てきますから、このホームページ作りが楽しくなってきます。

 

ネットでお金を稼ぐ方法に興味をもって調べてみると、記事を書いて広告や企業の商品を紹介するやり方でした。

 

アドセンス広告で稼げるようになれば、それを応用できるアフィリエイトという方法があったのです。

 

 

ネットの仕事で無職の絶望から過去一掃の逆転2塁打を放つ

アフィリエイトという方法は、商品を紹介して売り上げがあれば報酬がいただけます。

 

アフィリエイトの場合は、商品を売るというハードルがありますから、なかなか成果が出ません。

 

でも商品選択によっては売れる商品もあります。

 

一つ売れると1,000円前後の報酬になるので、集客できるページが作れると稼げるのです。

 

こういったホームページを作って、グーグルアドセンスやアフィリエイト広告を掲載してみました。

 

いまではクリーンヒットを出しながら、ネット収入で自由な生き方をしています。

 

2、3年生活できる貯金があるうちに、自分でサイトを作りながらネットでお金を稼げる仕組みを作るだけです。

 

2、3年の余裕のあるうちに新しいサイトやブログを作ることで、未来が明るくなりピンチをチャンスに変えることができます。
それがネットで稼ぐ魅力でもあり、自分の頑張り次第で未来を変えられる働き方になるのです。

 

わたしはネットの仕事で、無職の絶望から過去一掃の逆転2塁打を放って、65歳以降を年金プラスネット収入で地道にコツコツ生きています。

 

50代で失業し無職の絶望から抜け出す方法まとめ

50代で失業して無職になっても諦めることはありません。

失業し再就職先が見つからない場合は、自力で稼ぐ道を探せばいいのです。

パソコンが使えるなら、クラウドソーシングという働き方もあります。

 

ホームページ作りを覚えて、自分で記事を書いてグーグルアドセンス広告を利用する方法。

アフィリエイトサイトを作って、起業の商品を紹介して報酬をいただく方法もあります。

 

50代なら、パソコンを覚えたり、ホームページ制作を学んで自力で稼ぐ道もあるということです。

50代で失業し無職の絶望からでも、自由に生きることはできますので、諦めずに自力で稼ぐ力を身につけてください。

 

 

関連記事:
雇われずに生きる方法も雇われずに稼ぐ方法もあります!

人と関わらない仕事で人と直接関わらない仕事をする方法

40代女性の雇われない働き方!一生出来る仕事で食べていく方法

50代60代はパソコンを使いネットで稼ぐ楽しみのある過ごし方が最適

最新情報をチェックしよう!