gショック動かないまま12時

gショック動かないまま12時停止中!ソーラー時計を再起動する方法

gショック動かないまま12時停止中!

gショック動かないまま12時

gショック動かないまま12時停止中で、ソーラー時計が動かない……、充電不足だろうと思って、しばらく腕につけて散歩に出かけました。

 

一時間くらいgショックをチラ見しながら、気になっていたのですが、なんとも動く様子がありません。

 

叩いたらショックで動くんじゃないかと思って、手で叩いたりゆすったりしてみたのですが、まったく変化なし。

 

とうとう壊れたかな? まさにGショックでショック受けました。

ずいぶん長いこと使っていたから、仕方ないかと思っても愛着があるので諦められなかったのです。

 
2時間も充電したら少しは動きそうなのに、ピクリとも動かなかったら壊れたと思いますよね?

 
そんな時あなたならどうします?

時計屋さんに行って「g-shockのソーラー時計が動かなくなったら、どうすればいいですか?」と聞くより、ネットで調べた方が早いんじゃないかと思って調べみました。

 

 

gショック動かないまま12時停止中!

やはり、gショックは使わないでいると、ソーラー電池がなくなって動かなくなってしまうのですね。

 

それもかなり長いこと使っていなかったので、完全にソーラー電池が底をついたのだと思います。

 

しかしあるブログを読んでいたら、6日間充電していたら動いたなんて文字を見つけたのです。

 

ほんとかな……とおもいながら、他にも調べたら動画のページも出てますね。

 

やはり、充電切れのgショックは動かないまま12時停止するんですね。

 

動画を観てみると2つのgショックが、ソーラー充電して動き出したので、間違いなく原因はこれだと思いました。

 

まったくソーラー充電してなかったので、完全に充電切れを起こしていたようです。

 

完全に電池がなくなると、ソーラー充電の時間がかかることも分かって、ひとまずほっとしました。

 
 

スポンサーリンク



 
 

gショック動かないまま12時停止中から窓際充電

ピクリとも動かないまま12時停止中のgショックを、窓際において様子を見ることにしました。

 

本当に充電が空になってしまったら、ソーラー充電して動くまでに何日くらいかかるんだろうと思いながら、とりあえず充電してみたのです。

 

一時間ぐらいで見てみたのですが、変化なし。

何度見ても動かないので、あきらめていたのですが、数時間が過ぎた頃に針が確かに0時から、数時間動いていたのです。

 

これはひょっとして、ソーラー電池の充電が始まったのかも知れないと期待が膨らみました。

 

 

小さな感動!gショックが再び動き出した

gショックが動かないまま12時停止中ということは、ソーラーエネルギーを使い果たし、最後の力を振り絞って0時0分に戻って、しばし眠りについていたということだと思います。

 

つまりスタート地点に戻って、ソーラーエネルギーが充電される日を待っていたのです。

 

やはり、ソーラー電池をエネルギーにするgショックはエライ!

 

徐々にエネルギーを補給したgショックが、電波を受信し時間を認識して、再び正確な時を刻み始めたのです。

gショック再起動

わたしの10年以上前の古いgショックは、充電までに約半日くらいかかったかもしれません。

 

快晴の天気だったらもっと早かったんでしょうね。

 

 

やはり電波時計のgショックが好き

あの強いgショックがそうやすやすと壊れるわけがない、再起動したgショックすごいぞ!と小さな感動を覚えました。

 

スマホを持つと腕時計はそれほど必要ないのですが、何かの手作業をしているといちいちスマホで時間を見るわけにもいかず、やはり腕時計が必要になりますね。

 

やはり、正確な時間を伝えてくれる電波時計のgショックが好きです。

きょうもわたしの古いgショックは、黙々と時を刻んでいます。

 

gショック動かないまま12時
最新情報をチェックしよう!