話題

雪下ろしグッズで雪をスルスルと落下させる道具が話題

ネットでいろんなニュースを読んでいたら、雪下ろしの話が出ていました。

わたしが済んでいる所はほとんど雪が降らないので、屋根に積もった雪を下ろすという経験がありません。

 

でも雪国の人にとっては大変な作業になります。

屋根に積もった雪下ろしの作業は、滑りやすいし高所作業ですから危険も伴うでしょう。

そんな風に思いながら記事を読んでいたら、雪下ろしに便利なグッズが紹介されていました。

 

雪下ろしグッズで雪がスルスルと落下

 

低い屋根ならいいのでしょうが、高い屋根の場合はどうするのでしょう。

 

と思ったら屋根の上で作業している写真もありました。

 

やはり実際に雪下ろしの経験がないと、どこが大変でどうすればいいのかなんてわかりません。

 

でもこの写真を見たら、屋根に上ることなく雪が四角くなって、するすると屋根から落ちてくるのです。

 

これなら高いところに上るのではなく、下からの作業もできるので多少安心してできると思います。

 

それでも高い屋根の場合は、上での作業もありますので十分注意が必要ですね。

 

SNS上で注目を集めているという、雪下ろしグッズの商品名は「らくらく 雪すべ~る」という商品です。

 

この雪下ろしグッズは、岐阜県に移り住んだ夫婦が、雪下ろしの負担を軽くしたいという想いから開発したそうです。

 

棒の先端の部分を屋根に乗せ、軽く動かすだけで雪をスルスルと落下させることができます。

 

この雪下ろしグッズは高齢者や女性でも簡単に使えるとして、この冬は多くの反響があるそうです。

 

雪下ろしの負担を軽くしたいという想いから開発したこの商品は、2016年にクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で資金調達を開始し、74万7,800円という目標金額の倍以上が集まり、その後「らくらく 雪すべ~る」という名前で商品化されました。

 

この「らくらく 雪すべ~る」商品は、これまで約400本売り上げたというから、かなり効果が期待できそうですね。

 

雪国に住む人は、この「らくらく 雪すべ~る」を使って、安全に雪下ろしをしてみてはどうでしょうか。

 

北海道や東北、北陸の1月、2月は、大雪に見舞われる時期ですから、すこしでも雪下ろしの負担が減る方法があると助かると思います。

 

どんな道具を使っても足元は滑りやすく、屋根の上から雪が落ちてくるのですから、作業の際はくれぐれも注意してください。

 

-話題

© 2020 シェアじゃんblog