体験談

50代で転職に失敗すると厳しい!こんな転職はどうだ!

50代で転職に失敗して厳しい状況の時に、個人的に人がやらない転職を試みるなんて人はいるのでしょうか。

50代最後の手段として覚悟の転職をしてみたら、結果的に将来の見通しが明るくなったので、その体験談を書いてみました。

 

決して真似をしないでください。

 

50代の転職は厳しい

50代は老後資金を貯めるラストスパートだと思っています。

 

ところが、50代でまさかの失速ということも考えられる時代なのです。


なんの資格も技術もないとしたら、50代で転職しても超がつくほどの高確率で失敗するでしょう。

 

あなたは人に負けないという資格や技術がありますか。

 

「ある!」という人なら、転職成功確率も少しは上がるのでしょうが、50代という年齢がそれを邪魔することもあるのです。

 

30代、40代とは全く違うのが、50代という年齢なのかもしれません。

 

実際転職経験をされた方なら、厳しい現実もわかると思います。

 

わたしが50代で転職に失敗して、その後どういった行動をしたかを、実体験をもとに書いてみました。

 

50代で転職に失敗すると仕事探しは厳しい!

資格や技術のある人でも難しいというのに、わたしは55歳で失業してしまいました。

 

定年まで働けるものと思って、50代で転職したのですが、わたしの考えが浅はかだったのです。

 

派遣や契約社員で働いていても、長いこと勤めているとそのまま定年まで働けると思っていました。

 

しかし、現実は厳しい!甘くはありません。

 

ダメなものはダメなのですから、ハローワークや就職・転職サイトなどをみて、再就職先を探すために応募してみたのですが、ことごとく失敗しました。

 

どこも雇ってくれないのです。

 

資格も技術も何もないのですから、厳しいのもいたし方ありません。

 

でも、50代だから転職に失敗しましたなんて言ってられないのです。

 

50代だからこそ就職して、老後資金を確保しなければこれから先の老後をどう生きて行けばいいのでしょう。

 

焦る気持ちでハローワークで就職・転職情報を探しても、ライバルは多いし自分の入る余地がありません。

 

できることと言ったら、多少パソコンが使えることくらいですから、転職に役に立たない技能です。

 

パソコン操作なんて誰でもできて当たり前の話でしょうから。

 

資格や技術のある人でも難しいのに、なんの資格もないわたしがいくら応募しても、採用されるわけがありません。

 

次第に50代の転職の厳しさに気づいて、就活をする意欲もなくなってしまいました。

 

 

スポンサー リンク


 

50代で転職に失敗すると厳しい現実を知る!

50代でやる気をなくすと、奈落の底に落ちていくのが見えてきますが、まだ生活できているうちは、そういったことに気づけません。

 

「一人だし何とかなるだろう」という根拠のない状態のまま、無駄に時間が過ぎて行きます。

 

こういった状態は危険だということも自覚していたのですが、どうしてもいい解決策が見つかりませんでした。

 

こうなると家にこもって、テレビやパソコン、ゲームと言った時間をつぶすだけの生活が続いてしまいます。

 

貯金というものがあるうちはまだ事の深刻さに気付かず、結構楽しんでしまうのです。

 

こういった生活が長くなると、ますます働く意欲もなくなってくるというのも、身をもって知る事ができました。

 

テレビやパソコン、ゲームと言った時間を過ごすのも楽しいのですが、次第に飽きてくるものです。

 

50代で転職に失敗する厳しさを知ると人生を考える

50代で転職に失敗する厳しさを知り、遊びにも飽きて、出かけるのも億劫になってくると、人生について考えるようになりました。

 

いったい自分は何をやっているのだろうと思いながら、仕事のことなども考えだします。

 

景気が良くなれば仕事も見つかるかもしれないと考えるときもありました。

 

でも今後このまま仕事ができない厳しい状態を考えた時、60代から老後という未知の生活はどうなるのだろうと考えると、怖くなってしまいます。

 

せめてお金があればなんとかなると思っていても、お金を稼ぐ術が見つかりません。

 

厚生年金も段階的に65歳に移行しているのですが、わたしの場合は61歳から厚生年金がもらえることも分かっていたのですが、月にすると4万円程ですから、生活するのは厳しいのです。

 

国民年金は65歳からですが、繰り上げて受給すれば60歳からでも受給できます。

 

仕事がない場合には、年金に頼るということも考えるようになっていました。

 

50代後半になったら、とにかく失敗の許されない厳しい年代であることは間違いありません。

 

でも転職に失敗し、失業経験も豊富なだけに厳しい現実に直面しても、「まだまだできる」という気持ちだけは持ち続けています。

仕事続かない自信が無い

50代の転職は厳しいので覚悟を決めた

50代で貯金が底をつく厳しい現実が見えてくると、いよいよ自分の中に本気がでてきました。

 

資格も技術も何もないけれど、パソコンなら使えるのですから、何とかできる方法はあると思ってネットで探してみたのです。

ありました!

 

しかもインターネットとパソコンがあれば、家でできる方法があったのです。

 

なぜ今まで気がつかなかったのだろうと、後悔するほどの衝撃を感じました。

 

会社で雇ってくれないなら、自分で仕事をすればいいだけ。

 

このことに気づいてから、50代最後の転職をしてみようと思ったのです。

 

50代の転職は厳しいので覚悟を決めて、自分でできる自宅の仕事に転職してみました。

 

50代の転職に失敗は許されない厳しい状況

ホームページならそれほどお金も掛からないでできる仕事ですから、わたしにとっては厳しい条件でも最適な方法だと今でも思っています。

 

過去の失敗が自分の脳に変化を起こさせたのかも知れません。

 

インターネットとパソコンを使ってホームページ作りは、自分に合った仕事だと分かってきました。

 

毎日記事を書いてページ作りをしても、諦めるということを考えませんから。

 

グーグルのサイトを見てからというもの、必ず稼げるという確信が脳にインプットされて、覚悟ができたからです。

 

 

どんな方法なのか興味のある人は、こちらのサイトを見て参考にしてください。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense - Google
自分の「好き」を収益に。AdSense でウェブサイトやコンテンツを収益化する方法を学びましょう。

この動画の活用事例を見ていただけると、ホームページやブログで自力でお金を稼げるということも、分かっていただけると思います。

 

本気で取り組むことができれば、ネットで稼ぐことは可能ですし、この方法が最もやりやすいかも知れません。

 

 

いつ稼げるか分からないという厳しいところが、デメリットと言えばそうなのです。

 

ただ、わたしは稼げるという確信を持って取り組んでみましたから、稼げるまで諦めませんでした。

 

毎日、毎日、毎日記事を書いてはページ作りを続けても稼げません。

 

さすがに不安はありましたが脳が諦めないのです。

 

50代も通り越し60代突入ですから不安はありましたが、年金もあると思うと大きな金額でなくてもいいからネットで稼ぎたいという気持ちで頑張る事ができました。

 

50代転職の厳しい状況を乗り越えた

この50代転職の厳しい気持ちが届いたようです。

60歳半ばから少しづつ確実にお金が稼げてきました。

 

もう生活するためのお金の限界を超えていましたが「絶対稼ぐ!」という信念が上回ったようです。

 

50代転職の厳しい状況も、60代から年金とネット収入で何とか生活できるようになってきました。

 

「あぶない、あぶない!」一つ間違えれば、自己破産するところまで来ていたのです。

 

50代転職の厳しい状況でも、本気という覚悟と絶対稼ぐという信念が、右脳も左脳も目覚めさせて行動できたのだと思っています。

 

50代最後に自宅の部屋に転職してから、一年半厳しい状況にも負けずに挑戦し続けましたが、失敗することなく目標達成です。

 

60代になって個人事業主として開業届を出して、自営業を始めています。

 

自宅の部屋に転職して作り続けたページが、今わたしに代わってネット上で24時間365日お金を稼いでくれているので、自由な時間が増えてきました。

 

50代の厳しい状況でも考え方を変えて、本気で行動すると変えられるということを実感しています。

 

インターネットとパソコンを使って、自分で稼げることを確かめながら60代を生きています。

 

50代転職に失敗してもブログで稼ぐなんて考えない方がいい

就職情報を探していても見つからないので、他のネットの仕事などを探してみたりするかもしれません。

 

50代転職に失敗してばかりの時に、ブログでお金が稼げるみたいな記事を見かけたこともあります。

 

ブログ程度ならお金もそれ程掛からないし、ブログを始める準備までなら誰でもできるので、始めやすいことは間違いありません。

 

でも実際やってみると分かりますが、記事を書き続けることも大変だし、いつ稼げるか分からないことを続けるなんてとてもできないでしょう。

 

結局ひと月もやらないうちに、記事を書くことも嫌になってしまうと思います。

 

こういったブログをやる時に高い授業料を払ってしまう人も多いようです。

 

 

ブログは将来を見据えてコツコツ記事を書く習慣から始める

ブログで稼げないのは途中でやめた自分が悪いような気がするでしょうが、素人がブログを書いてお金を稼ぐというのはかなり難しいことです。

 

専門的な知識があって、そういった記事を書いてこそ人の役に立つ記事が書けると思います。

 

しかし、いくら頑張って書いた記事も最初は誰にも読まれません。

 

記事を書き続けていくうちに、徐々に検索されるようになってきます。

 

まさにハローワークで仕事探しをしている人と同じように、記事の内容によっては記事を書いているライバルも多いわけです。

 

そこから抜け出して「検索で一ページ目の上位に表示される」ことはかなり難しいと思います。

 

二ページ目以降に表示されるようでは、ほぼ記事を読んでもらえません。

 

ほとんどの記事は二ページ目以降に埋もれてしまう現実を知らないでしょう。

このページの記事は「50代 転職 失敗」というキーワードで書いています。

記事公開日時: 2019年1月14日 で、2019年7月28日現在検索順位は11番目(二ページ目)に表示されていました。

50代転職失敗

「50代 転職 失敗」というキーワードを,検索窓に入れて調べると今現在何番目にあるか分かるでしょう。

記事タイトルは、

50代で転職に失敗すると厳しい!こんな転職はどうだ!です。

 

二ページ目以降にあるか、あるいはまったく表示されないようでは、いくら記事を書いても読んでもらえない、稼げない理由がここにあります。

 

つまりブログを書いても集客できない記事では、やっている意味がないということなのです。

 

素人の場合時間の無駄になってしまう可能性が大きいのが現実だと感じています。

 

ですからブログで稼ごうと思うなら、一年、二年、三年でも記事を書く覚悟があるならチャンスはありそうです。

 

そういった意味で年金を受給した後の趣味にできるように、日ごろからコツコツ記事を書く習慣を身につけておくといいかも知れません。

 

50代でブログを始めていれば65歳の年金が受給できる頃には、年金での不足分位を稼げる可能性は考えられます。

 

「50代で転職に失敗すると本当に厳しい!」これが私の実感です。

-体験談
-

© 2020 シェアじゃんblog