趣味

究極に難しい漢字一文字が認知症の予防になるかも

この究極に難しい漢字一文字を見た時から、あなたの脳みそが刺激されて、認知症の予防になって心のぼんのうも消えるかも知れません。

「苦平耳舌鼻惡意目艮淨染女子身」の14文字の漢字の組み合わせによって、究極に難しい漢字に仕上がっています。

究極に難しい漢字

さて、どんな漢字が印象に残ったでしょうか、それによって今のあなたの心のぼんのうが見えてくるかもしれません。

 

どうでしょう? 究極に難しい一文字が脳みそに浸透してきたでしょうか。

 

恐らくこの漢字を本気で覚えようとする人はいないと思います。なぜなら、普段使うことも試験に出ることもないので、覚えなくてもいい漢字だからです。

 

この究極に難しい漢字一文字が書けなくても、認知症ではありません。

 

この究極に難しい漢字一文字を見て、脳みそをリラックスさせて、少しでも楽しんでもらえればそれでいいのですから。

 

認知症の予防に究極に難しい漢字一文字を書いてみよう

脳みそに新しい刺激を与えて認知症の予防をしたい人は、この文字を紙に書いてみましょう。

 

用紙を準備してください。

 

そして墨をすりながら心を落ち着かせ、もちろんボールペンでも鉛筆でも問題ありません。

 

この一文字を一分ほど眺めてから、見ないで紙に書いてみましょう。

 

まずは心を落ち着かせて、究極に難しい漢字を脳みそに描いてみるのです。

 

たった一文字とはいえ、脳みそに描くのって難しいと思います。

 

ですから集中力によって脳みそを刺激すれば、認知症の予防になるのではないでしょうか。

 

究極に難しい漢字一文字が認知症予防になる?

この文字が高齢者の認知症予防に役立つのであれば、一文字とはいえ紙に書く習慣にしたいですね。

 

「写経」みたいな感じで、究極に難しい漢字一文字を紙に書いてみるのですが、どうでしょう。

 

究極に難しい漢字が認知症予防になるなんて、ほぼ99.9%信じてもらえないことは分かっていますが、いいアイデアだと個人的には思っています。

 

あくまでも脳みそに刺激を与えるために、究極に難しい漢字一文字として紹介しているだけです。

 

ところで、この一文字を一分ほど眺めてから、見ないで紙に書くことができたでしょうか。

 

簡単に書けるよという人はこんな漢字を書いている暇があったら、漢字検定の勉強をした方が認知症予防に役に立ちます。

 

それでも心の中のぼんのうが一つ消えたかもしれません。

 

究極に難しい漢字一文字の読み方

さてこの究極に難しい漢字の読み方ですが、認知症予防に関係なく結構ネットでも話題になっているので、ご存知の方もいると思います。

 

漢字検定に出ることはほぼ99.99%ないと思いますが、覚えておきましょう。

 

「ぼんのう」と読むそうです。

 

これであなたの脳みそは認知症予防効果で、少し若返ったかもしれません。

 

つまらない記事だったかもしれませんが、何かの話のネタにしてください。

 

-趣味
-, ,

© 2020 シェアじゃんblog