自由に生きる

こんなはずじゃなかった人生も一つの生き方

いいことって何

いつかは結婚して、子供もいる普通の家庭を想像していると思います。

しかし、人生とはなかなか思うようにいかないものですね。

 

どうしても「こんなはずじゃなかった人生」を歩む人もいます。

こんなはずじゃなかった人生は、人それぞれ違うことは間違いありません。

 

ただ冒険心とか向上心を持って行動している人に多いようです。

 

何事にも良い悪いの結果が存在しますから、自分の予想に反することが起きることがよくあります。

 

その時に自分が意図しない結果が起きてしまうと、こんなはずじゃなかったと思うのではないでしょうか。

 

人生のつまずき点を探してみると、解決する方法が見つかるかもしれません。

 

こんなはずじゃなかった人生だとしたら、必ずどこかに自分では気づけなかった間違った行動があるはずです。

 

あなたの人生を悩ませるのが、お金だとしたら本当に厄介だと思います。

 

 

こんなはずじゃなかった人生が始まったきっかけ

わたしの場合は、必要でもない車を購入した時から、こんなはずじゃなかった人生が始まりました。

 

自分の収入に見合った生活をしないと、徐々に人生までもくるってしまいます。

 

わたしは自分の人生を振り返ってみた時、お金のことを真剣に考えて行動していなかったからです。

 

給料が安いなら転職して、もっといい給料がもらえる所を探すかもしれません。

 

しかし、特技とか資格もないのに転職しても、それほど変わり映えのしない仕事に就くだけです。

 

若いうちは何度か転職しても雇ってもらえますが、中高年になると厳しいでしょうね。

 

うかつに転職したりすると、こんなはずじゃなかった仕事をすることになります。

 

 

こんなはずじゃなかった人生はつらい

劇団でこぼこギアさんによる写真ACからの写真

生活のために仕事をするようになると、仕事が選べなくなってしまうからです。

 

一回こんなはずじゃなかった人生を歩み始めると、ゆく先々に試練とか壁ができて、それを乗り越えることで精一杯になるでしょう。

 

流されたような生き方になってしまうと、いつの間にか時だけが無情に過ぎて行きます。

 

考えても考えても抜け出せない「こんなはずじゃなかった人生」に悩み苦しめられるだけです。

 

最初に就職した会社を辞めて10年、15年が過ぎ、その時の同僚が結婚し招待状が届きます。

 

家を建て子どもが生まれた話を聞かされると、自分の人生はこんなはずじゃなかったと後悔するかもしれません。

 

あの時あの会社を辞めなければ、そういった思いが少しでもあったとしたら失敗です。

 

 

こんなはずだった人生を描いてみる

どう頑張っても人生を変えられないまま、毎月生活するだけで精一杯だとしたらどうすればいいのでしょう。

 

いくつになっても、こんなはずじゃなかったと思う人生から抜け出せません。

 

他人と比較すれば自分のみじめさが余計にこたえてきます。

 

わたしは50歳を越えても、こんなはずじゃなかった人生と決別することができませんでした。

 

こんなはずじゃなかったと思う人生を振り返っても何も変わらないのです。

 

こんなはずじゃなかったと思う人生だとしたら、どんな人生なら納得できるのでしょう。

 

こんなはずだった人生を描いてみてください。

 

もしかしたら「自由な働き方で自由に生きる人生」だったかも知れません。

 

もしそうだとすれば「自由な働き方で自由に生きる人生」を求めれば、後悔が消えてしまうでしょう。

 

こんなはずだった人生を描いて、本気で行動することです。

 

 

こんなはずじゃなかった人生を変えられるか

こんなはずじゃなかった人生を変える方法はありました。

 

「自由な働き方で自由に生きる」をするしかありません。

 

それを可能にしてくれるのが、インターネットとパソコンです。

 

過去30年間もこんなはずじゃなかった人生を生きてきましたが、やっと、こんなはずの人生を手に入れてしまいました。

 

わたしは、こんなはずじゃなかった人生を変えて、今では自由な生き方をしています。

 

こんなはずの人生が「自由な働き方で自由に生きる人生」だとしたら、インターネットとパソコンを利用してください。

 

-自由に生きる
-

© 2020 シェアじゃんblog