【思わずハマる理由とは?】YouTubeが面白い3つの理由と、視聴者が求めるもの

テレビを超えたエンタメ!人々が夢中になる動画共有サイトの魅力を徹底解剖

近年、テレビよりも視聴時間が長いと言われるほど、私たちの生活に深く浸透しているYouTube。

老若男女問わず、世界中の人々が利用するこの動画共有サイトには、一体どのような魅力があるのでしょうか?

この記事では、YouTubeが面白い理由を3つのポイントにまとめ、視聴者が求めるものについて解説します。

1. 圧倒的なコンテンツ量と多様性:自分の「好き」に必ず出会える

YouTubeには、テレビでは到底放送できないような、膨大な量の動画コンテンツが日々アップロードされています。

料理、音楽、ゲーム、美容、旅行、スポーツなど、ありとあらゆるジャンルの動画が揃い、自分の興味にぴったりの動画を見つけることができます。

さらに、近年では企業や自治体による公式チャンネルも増え、ニュースや教育コンテンツなども充実。

まさに、インターネット上のお宝の山と言えるでしょう。

2. 双方向コミュニケーションが生む一体感:距離を超えた繋がり

YouTube最大の魅力は、動画投稿者と視聴者の双方向コミュニケーションにあります。

コメント欄や高評価・低評価を通して、動画に対する感想を共有したり、投稿者と交流したりすることが可能です。

まるで、同じ空間にいるかのような一体感を味わえるのも、YouTubeならではの魅力と言えるでしょう。

さらに、ライブ配信機能を使えば、リアルタイムで投稿者と繋がることもできます。

3. スキマ時間にサクッと視聴:忙しい現代人のニーズに合致

テレビ番組と異なり、YouTube動画は好きな時間に好きなだけ視聴することができます。

通勤・通学の移動時間や休憩時間など、ちょっとしたスキマ時間にサクッと視聴できるのが魅力です。

忙しい現代人のライフスタイルに合致した、画期的なエンターテイメントと言えるでしょう。
 

4. 視聴者が求めるもの:3つのキーワードで紐解く

上記3つのポイントを踏まえ、YouTube視聴者が求めるものを3つのキーワードで紐解いてみましょう。

①「自分らしさ」
画一的な情報ではなく、個性やオリジナリティのあるコンテンツを求めている

②「共感」
同じ悩みや経験を持つ人の動画を見て、共感や励ましを得たい

③「リアル」
テレビのような作り込まれた映像ではなく、飾らない等身大の姿を見たい

 

【まとめ】

圧倒的なコンテンツ量、双方向コミュニケーション、スキマ時間に視聴できる利便性など、YouTubeが面白い理由は多岐にわたります。

視聴者は、画一的ではなく個性的なコンテンツ、共感できるストーリー、そして飾らない等身大の姿を求めていると言えるでしょう。

今後も進化し続けるYouTubeから、目が離せませんね。

シェアじゃんblogホームへ戻る

スポンサー リンク
最新情報をチェックしよう!