家でできる仕事でひっそり稼ぐ生き方がコロナ時代の働き方に最適

新型コロナ禍で「家でできる仕事」のありがたみを感じています。

Googleという大企業のAdSense広告でお金を稼ぐ方法があったからです。

 

新型コロナ禍で職を失った方も多いようですが、私の場合は「家でできる仕事」でひっそり稼いで生きる方法を見つけました。

 

あの有名なGoogleという企業を知っていると思いますが「Google AdSense」はどうでしょうか。

グーグルという会社には勤められなくても、グーグルから収入を得られる家でできる方法がありました。

 
インターネットとパソコンのある時代ですから、ネットを利用する方法でもお金が稼げるのです。

家でできる仕事
 

家でできる仕事でひっそり稼ぐ方法

普段ブログやホームページ、ユーチューブなどを見ている人なら、広告を見たことがあると思います。

 

ネット上の様々な媒体で企業の広告が表示されているからです。

 

わたしはホームページやブログを作って、このアドセンス広告を利用して家で収入を得ています。

 

私のような個人がGoogleで働けるわけがありませんが、Google AdSense広告を利用することで収入を得られるという方法があるのです。

 

「家でできる仕事」が個人で通用するなら、これを利用しない手はありません。

 
Google AdSense(グーグルアドセンス)で稼ぐとはどういうことなのかは、こちらのページをご覧ください。

 
寄らば大樹の陰
 

個人が自力でお金を稼ぐ家でできる仕事場があるということ

会社に雇われることなく、個人が自力でお金を稼ごうとするとすごく大変です。

 

さらに50代、60代となると就活してもなかなか雇ってもらえなくなります。

 

そういった場合に個人が家でお金を稼ぐ場があるとしたら、やはり家でコツコツやるのが最適ですし、やってみる価値はあると思うのです。

 

ただ一つ「すぐには稼げない」という大きな問題があります。

 

グーグルに雇われているのでもなく、給料がもらえることもありません。

 

個人でホームページやブログ、ユーチューブを利用して、家でできる仕事で稼げる場があるというだけです。

 

ホームページやブログ、ユーチューブで集客できれば、個人でもお金を稼ぐことができます。

 

 

スポンサー リンク

家でできる仕事にお金を稼ぐチャンスあり

給料としてもらえるわけでもなく、家でできる仕事だからと言って稼げるかどうかも分からないので、ほとんどの人はやりません。

 

興味があって始めたとしても、集客の難しさに気付くとやめてしまいます。

 

特にブログなどは家でできる仕事になる可能性もあり、それほどお金をかけずに始められるので、とにかくやってみようという人は多いみたいですね。

 

ですから継続して情報発信ができる人にとっては、家でできる仕事が大きなチャンスになります。

 

わたしも半年後から1年後位にかけて少しづつ稼げたことで「寄らば大樹の陰」のありがたみに気付けました。

 

そして3年、5年と継続していたら、毎月生活できる分くらいが稼げて比較的のんびりとした働き方になっています。

 

とくに新型コロナ禍の中で、家でできる仕事でお金を稼げるというのはありがたいですね。

 

寄(よ)らば大樹(たいじゅ)の陰(かげ) の解説
身を寄せるならば、大木の下が安全である。同じ頼るならば、勢力のある人のほうがよいというたとえ。
出典元:goo辞書「寄らば大樹の陰(よらばたいじゅのかげ) 」の意味より

 

まとめ

家でできる仕事でコツコツ稼ぐ方法がある。

ホームページやブログ、ユーチューブで集客して、アドセンス広告で稼げます。

すぐには稼げないが継続できる人には、家でできる仕事になるのでお金を稼げるチャンスがある。

関連記事:

シェアじゃんblogホームへ戻る

スポンサー リンク
不況に強い仕事
最新情報をチェックしよう!