働き方

歳をとっても働ける仕事に60歳から夢中です


歳をとっても働ける仕事は、歳をとってから始めたのでは遅いので、まだ元気でやる気のあるうちから始めています。

 

そうすることによって結果的に、歳をとっても働ける仕事にできるのではないでしょうか。

 

60歳過ぎてもまだ会社で働いている人がほとんどだと思います。60歳を過ぎると定年で会社をやめる機会がありますが、年金が受給できるまでは会社で働けるなら働きたいですからね。

 

老後の生活に関わることですからしかたありません。
 
 

歳をとっても働ける仕事に60歳から夢中!

 
わたしは一人暮らしですから、歳をとっても働ける仕事で個人事業主を始めました。

 
インターネット環境が整っている時代ですから、歳をとっても働けるパソコンを使う仕事が最適だと考えています。
 

60歳で定年でもなく退職金もない状態だと、老後が心配で時給で働いている場合じゃないと思ったのです。

 

60代を貯金もないまま過ごすわけにもいきませんから、歳をとっても働ける仕事をやることにしました。

 

ゆとりのないまま60代に突入したら、もう自分で仕事をするしかありません。

 

歳をとっても働ける仕事を探していたら、ネットの仕事があったのでやってみました。

 
スポンサーリンク


 

歳をとっても働ける仕事ならネットを利用する働き方がいい

60歳過ぎて失業中ではどうしようもないので、パソコンを使ってホームページ作りをやってみたのです。
 

その時は、いまのうちに頑張っておけば、歳をとっても働ける仕事になるんじゃないかと思って、2年間で5年分くらい頑張ったとと思います。
 

人間お金もない仕事もないとなると、先々が心配になりますから、めちゃくちゃ必死でこれでもかというくらい、サイト作りに没頭しました。
 

それが結果的に良かったみたいで、今65歳になっても働ける仕事になって、この先歳をとってもまだ働ける仕事になっていると思うのです。
 
 

歳をとってもブログやホームページで稼げる

ブログやホームページで集客できると、お金が稼げるという話を聞いたことがありますか?

 

わたしは失業中で暇だったこともあって、ネットで仕事探しをしていたのですが、いつの間にか自分で仕事をすることに興味を持ってしまいました。

 

いろんな人のブログを読んでいるうちに「自分でもできるんじゃないか」と。

 

趣味でホームページ作りを覚えたこともあって、俄然やる気が出てきたのだと思います。

 

最初に相当気合を入れて作ったページが全く稼げなくて、挫折しそうになった時もありました。

 

でも、ページ作りが好きだったのであきらめずに一年間頑張ってみたのです。

 

そしたら、ネットで稼ぐコツみたいなことが分かってきました。

 

やはり経験と試行錯誤を繰り返すと結果が出ますね。

 

この時から歳をとっても働ける仕事なら、ネットを利用する働き方がいいと確信しました。

 

歳をとっても働ける仕事は営業のいらない方法

わたしは営業なんて絶対できないので、ホームページ作りも請け負ってやったりしません。

 

ホームページを自分で作って、そのページに営業をやってもらっています。

 

ネットを使った仕事の場合は、集客さえできれば稼げるので、サイトに任せてしまえば問題ありません。

 

ホームページに記事を書いて商品を紹介したり、広告を載せておくだけですから一人でできてしまいます。

 

集客できるサイトを作ることができれば稼げるのですから、歳をとっても働ける仕事になるはずです。

 

この集客するサイトを作ることが難しいことなんですけどね。

 

最初は「下手な鉄砲も数うちゃ当たる」的感じで作っていましたが、それだと稼げなくなってしまいます。

 

しっかりしたサイトを作りこんでみたら、一年くらい安定的に稼げたので、コンテンツ次第かも知れません。

 

サイトに任せることで24時間365日営業をしてくれますから、自分が営業することは全く必要なくなるのです。

 
歳をとっても働ける仕事にするなら、営業はサイトに任せる仕組み作りが最適。
 

 

歳をとっても働ける仕事になぜパソコンを利用しないのですか?

歳をとってからパソコンを覚えても、お金を稼ぐために利用するのは大変です。

 

でも50代や60歳からなら、まだまだやる気も気力もあると思います。

 

いままでに経験した知識や技能を、体力を使って働くという考えではなく、ホームページやブログを使って情報として発信する考え方に変えてはどうでしょう。

 

あなたの知識や技能を情報発信して、お金に変えることができる時代なのです。

 

インターネットとパソコンを使って、自宅でできるのですから歳をとっても働ける仕事にできます。

 

そのためにも、50代や60歳からホームページ作りやブログを覚えておくというのがいいわけです。

 

いまはホームページと言うより、ワードプレスを使って情報発信できますから、お金もほとんどかかりません。

 

ネットの仕事を始めるにもリスクなく始められて、歳をとっても長くできる仕事として最適な方法なのです。

 

わたしが実際サイト作りをやってみて、これなら老後も長くできそうなので紹介させていただきました。

 

関連記事:
会社に勤めない自由な生き方をする方法があった!

会社で働かないという生き方はできるのか

 

【歳をとっても働ける仕事まとめ】

 

雇われたり営業が苦手な人にとっては、ネットを利用する仕事は、歳をとっても働けるので最適だと思っています。

 

営業もしないで稼げる訳ですから、あとは自分で記事を書くだけなので、歳をとってからも働ける仕事になりそうです。

 

65歳の定年後からいきなり始めるには無理がありますが、60歳あたりから2、3年かけてしっかりしたサイトを作れるなら、歳をとってからも働ける仕事になると思います。

 

お金を稼ぐというのは何をやっても大変ですから、できるだけやる気のある若いうちから始めておくことが、結果につながるのではないでしょうか。

 

関連記事:
web制作の仕事がないんじゃなくて自分で作ろう!

自分で仕事を作る小さな起業はどうでしょう

-働き方
-

© 2020 シェアじゃんblog