特技

特技がない悩みをパソコンの縁が救ってくれました

何の特技も資格も趣味もなく過ごしているという人はいますか?

わたしは趣味はあったのですが、失業して趣味もなくなりました。

 

失業して仕事も見つからないので、お金のかかるゴルフと車を諦めて処分したのです。

 

特技も資格も趣味もなく日々過ごしていると、私生活に張り合いもなく、悩みの種ばかり増えてきます。

 

 

そこで、ハローワークのパソコン教室で覚えた、インターネットを趣味にしてみました。

 

するとパソコンが趣味となり、特技がないわたしの悩みを解決して、働き方まで変えてくれたのです。

 

特技がないので悩みながらパソコンを趣味にしました

パソコンを買ってみたものの、インターネットにつながりません。

 

ノートパソコンを買ったのに、なぜつながらないのって悩みました。

 

十数年前の話ですから、パソコンだけじゃダメだったのです。

 

インターネット回線がないので、当たり前と言えば当たり前ですから、NTTに申し込んでフレッツ光回線を引いてみました。

 

いまは、Wi-Fi使い放題などがあるアパートもあるので、便利でありがたいですね。

 

わたしが引越したアパートもWi-Fi使い放題なので、インターネットを趣味にしています。

 

以前使っていたフレッツ光回線は、引越しする際に悩みましたが、解約せずに実家の方につないでもらいました。

 

おかげで二拠点暮らしをしながら、インターネットを趣味にできています。

 

考えてみたら二拠点暮らしができるのも、これも特技なのではと思うのです。

 

特技がないと思っていたらパソコンが特技になっていました

 

失業して仕事もないのに、パソコンばかりやっていて大丈夫なの?と思われるでしょうが、趣味が特技になって生活できるようになったので大丈夫なのです。

 

インターネットを趣味にして、悩みを解決しながら遊んでいたら、パソコン操作が上達して、生活に欠かせない道具になってきました。

 

趣味がないならパソコンが趣味の一つになりますし、毎日使っていると特技にもなってきますよ。

 

特別な特技も趣味ないわたしが、今ではネットでお金を稼いで、二拠点生活をして暮らしているなんて聞いたら、きっと驚くと思うのです。

 

パソコンが特別上手というわけではなく、ネットでお金を稼ぐ特技を身につけたということでしょうか。

 

パソコンに出会えたことが、結果的にわたしの人生を変えてくれました。

 

考え方次第では趣味から始まり、それが特技になってくると、新しい働き方が見つかることもあります。

 

そのきっかけとなったお話をします。

 

スポンサー リンク


 

資格や特技ないのでパソコンを学んだ

失業したころは趣味も諦めて、職探しのためにハローワークにずいぶん通いました。

 

資格や特技がないので仕事も見つからないし、失業保険の受給も終わってしまうので、今後のことについて悩みを相談してみたのです。

 

すると失業保険の受給が終わる前に、求職者支援訓練を利用して、パソコン教室で資格取得や特技となるパソコンを学ぶことをすすめられました。

 

資格や特技がないわたしにとっては、願ってもないチャンスです。

縁に気づいて、縁を活かしてみました
悩むことなくパソコン教室で3ヵ月間受講しました。これが後々私の働き方を大きく変えることになります。

 

これを受けると就職に必要なスキルや資格を取得できるだけでなく、訓練中は職業訓練受講手当が月額10万円支給されたのです。

 

お金をもらいながら、特技のないわたしがパソコンスキルを学び、特技が一つできたのですからありがたいですね。

 

でも残念なことに、50代での就職には役に立ちませんでした。

 

特技がない悩みをパソコンで克服した!

 

パソコンを覚え就職できなくても、結果的に自分で仕事ができたのですから、自分の好きなことや、やりたいことが分かると強みとなることも分かってきました。

 

パソコンに興味が湧いて、就職にも役に立つと思って始めたことなので、パソコンの素晴らしさにはまっていたのです。

 

趣味が特技の一つとなったパソコン

これを使って、お金を稼ぐことができないものか悩みました。

 

インターネットにパソコンがあった時代のおかげで、わたしは50代後半から働き方を大きく変える事ができたのです。

 

いまでもインターネットとパソコンを使って、やりたい仕事が家でできる喜びと、収入を得られるありがたさを実感しています。

 

特技がないなら考える時間も必要

 

特技がない場合に、どういった働き方ができるのか、自分のやりたいことを常に考えていることです。

 

就職活動が上手く行かず、生活も大変な状況になる前に、職業訓練という方法もあることを知っておけば、対策も考えられますので利用してみましょう。

 

仕事が決まらない時にこそやるべきことはあります。

 

仕事が決まる人もいるのに、なぜ仕事が決まらないのでしょう。

 

じっくり考えてみると、自分のやりたいことに気づいたり、足りないところが見えてくるかもしれません。

 

失業中はそういったことを考える機会でもあります。

 

職業訓練という方法で、新しい自分の特技を発見してください。

 

パソコンを使える特技があるなら自分でやればいい

パソコン教室で覚えた初心者のパソコンスキル程度では、どこの会社も雇ってくれません。

 

そうなると趣味としてパソコンを使う程度になってしまうでしょう。

 

でもパソコンで仕事がしたいという気持ちがあるなら、趣味から特技になるまで慣れることです。

 

しかし、自分ではパソコンが特技の一つと思っても、会社頼みでは特技がないのと同じかも知れません。

 

パソコンは使えて当たり前、雇ってもらうには特別なパソコンの資格でもないと無理です。

 

特技を生かすなら、自分でやればいいという考え方をもちましょう。

 

「自分で仕事をして自由な働き方をする」ということです。

 

目標があれば、パソコンを使ってお金を稼ぐまでの間も、充実した時間を過ごすことができます。

 

パソコンが使えたとしても、それを活かす方法を考えなければ進歩しません。

 

インターネットとパソコンがある今の時代なら、自宅で仕事ができることは確かです。

 

こちらのクラウドソーシングという働き方を見ても、自由な働き方ができる一つの方法であることが分かると思います。

クラウドワークス

会社員の副業として主婦の小遣い稼ぎなどは当たり前、本格的に取り組んでフリーランスとして、本業にしている人もいる働き方です。

 

失業した時や定年後でもできる働き方ですから、暇な時にでも見ておいてください。

 

いまではパソコンを使えることが当たり前になっています。

 

特技がないと言っているだけで、じつは特技に気づいていないのかも知れませんね。

 

インターネットとパソコンが使えれば、家でお金を稼ぐことはできます。

 

わたしは、ネットのみの収入で生活できているのですから、恐らく気づかないだけだと思うのです。

 

-特技

© 2020 シェアじゃんblog