生活

心頭を滅却させ猛暑の夏を乗り切る

acworksさんによる写真ACからの写真

エアコンを付けない部屋で寝てみて感じたのです…。

エアコンがなくても極寒の冬の時期は、着るものを増やせば何とかあります。

 

でも猛暑の夏の夜に、エアコンのない部屋で寝るとしたら、限界まで脱いでもまだ暑いのです。

 

エアコンの備えがある人にとっては、どうでもいい話ですが、もしエアコンのないところに行った時には参考にしてください。

 

暑い時思い出す言葉があります。

【心頭を滅却すれば火もまた涼し】

どのような苦難や困難に遭遇しても、心の持ち方一つで、苦難や困難とは感じなくなる。

こういった言葉もあるので応用してみました。

 

猛暑の夏の思い出

若い時には暑さに対しても比較的順応できたのですが、歳を重ねるごとに暑さに対する感覚が変わっていました。

 

エアコンに慣れてしまったせいでしょうか。

エアコンのない部屋で眠るとなると、まるで修行のような感じがするのです。

 

特に夏の夜は温室で寝ているような、モワーッとした空気感を全身で感じながら、蒸し蒸しする暑さと戦ってみました。

 

【心頭を滅却すれば暑さもまた涼し】

 

眠ることができれば心頭を滅却できる

まさに心頭滅却したとき、暑さも感じることなく眠っていました。

眠ってしまえば暑さを感じません。

 

心頭滅却すなわち「眠ること」かもしれません。

ひとたび眠ってしまえば、暑さも感じないのですから人間の体は素晴らしい。

 

夜中にトイレに行きたくて目が覚めたら、水分補給を忘れずに。

 

午前2時を過ぎると部屋も幾分涼しく感じられるのは、心頭滅却のせいではありません。

 

自然の涼しさの中で、安心してぐっすり眠ることの幸せを感じるでしょう。

 

眠って心頭を滅却させれば暑さも感じません。

 

エアコンのない部屋で、猛暑の夏の夜の眠りを乗り切る方法は、水分補給と眠ることだと思います。

 
あまりに暑いので心頭を滅却できず、扇風機を購入しました。

 

心頭滅却まとめ

心頭を滅却などと言っている場合ではありません。
熱中症になったら大変ですから、エアコンや扇風機を使って眠った方が体のためです。
くれぐれも水分補給を忘れずに。

 

-生活
-

© 2020 シェアじゃんblog