「もうちょっとの辛抱だ!」一年辛抱したら自由な生き方ができた!

ワンルームに引きこもって「もうちょっとの辛抱だ!」一年辛抱したら自由な生き方ができました!

 

もうちょっとの辛抱だ!」というような気持になったことはありますか?

 

つらい状況に負けないために、何とかするぞと思いながら、自分を勇気づける言葉です。

 

数年間ワンルームに引きこもり、誰とも話すことなく修行のような日々を過ごした時「もうちょっとの辛抱だ!」と思いながら乗り越えました。

 

たとえ孤独でも毎日食べて暮らせるなら「もうちょっとの辛抱」なのです。

 

ただ辛抱しているだけでは何も変わりません。

 

仕事もなくお金の心配をしているだけでは、毎日が楽しくないでしょう。

 

こういったピンチな状況をチャンスととらえると、状況を変えることができます。

 

無職なら時間はいくらでもあるのですから、とことん新しい働き方を追求することも可能です。

 

「もうちょっとの辛抱だ!」何ができるか考えよう!

家にいて自分でできる仕事は何でしょうか。

 

今の時代はインターネット環境が整っていますから、パソコンを使って仕事ができます。

 

ですから、仕事がなければ自分で作るか、ネットを利用してできる働き方を探せばいいだけです。

 

わたしはパソコンを使った働き方を知ったので、自分で仕事を作ってしまいました。

 

ホームページを利用してお金を稼ぐ方法が分かったので、ホームページ作りに専念してみたのです。

 

「もうちょっとの辛抱だ!」そう自分に言い聞かせて、一年間記事を書いてホームページを作っていたら、自分でお金が稼げるようになりました。

 

 

もうちょっとの辛抱から自由がついてきた!

自分でお金が稼げると分かったら、さらに記事を書いてホームページを作るだけです。

 

一端稼げるようになってくると、自由な時間が増えますから、働く場所を選びません。

 

田舎暮らしを兼ねながら、実家にインターネット回線を引いてみました。

 

そして同じように仕事をしても、全く問題なくお金が稼げるのですから、インターネットは素晴らしいですね。

 

時々は実家にいる高齢の親の見守りをして、農作業の手伝いもできるようになりました。

 

実際にこういった自由な働きができてしまうと、雇われる働き方には戻れません。

 

わずか一年ちょっとワンルームに引きこもって「もうちょっとの辛抱だ!」と孤独と戦いながら、ネットでできる仕事を始めてみたら、人生が変わってきたのです。

 

働き方や考え方を変えると、全く違う生き方ができることを確信しました。

 

もし今仕事がなくて厳しい常用なら、パソコンを使った仕事を始めてみてはどうでしょう。

 

関連記事:
家にいてネットでお金を稼ぐ安全な方法があった!

 

最新情報をチェックしよう!