年金 老後資金

仕事で楽をする工夫をしたらテレワークよりも気楽になった

仕事で楽をする工夫

どうすれば仕事で楽できるか工夫していますか?

新型コロナウィルスの感染防止対策で、テレワークを導入する会社が増えてきました。

 

やっぱり、インターネットとパソコンを使って、家で仕事をすることが最善策のようです。

人と接触する機会が減れば、ほぼ感染リスクはありません。

 

通勤する必要もないし、いつもの仕事ならテレワークに慣れてしまえば、それほど変わらないはずです。

 

どうすれば仕事で楽できるか、働き方を工夫するチャンスの時がきています。

どんどん仕事で楽する工夫をしましょう。

 

わたしは家にいながら、仕事で楽をする工夫をしていたら、テレワークを超えたかも……。

 

インターネットとパソコンのある時代で、本当に良かったと思っています。

 

 

仕事で楽をする工夫をしていたら楽になった

わたしは、家でテレワークもどきな感じの仕事をしています。

感染が怖いし、仕事で楽する工夫を常に考えながらの毎日です。

 

結局、ネットを利用して家で仕事をするというのが、感染防止には最善の働き方になりますね。

 

わたしの場合は、年金をもらっているのですが、年金だけではちょっと厳しいので、あと5万円は欲しいと考えていました。

 

でも、雇われた働き方はしたくないので、家で仕事をしながら楽する方法を考えてみたのです。

楽してお金を稼ぐ方法なんて、そうそう簡単なことではありませんよね。

 

新型コロナ問題が起きてからは、結果的にですが、自分でネットの仕事をやってて良かったと思っています。

 

 

仕事で楽をする工夫をすると楽しい!

仕事で楽をする工夫をしてみたら、だんだん仕事で楽できるようになってきました。

 

仕事で楽をする工夫を継続してきたら、いつの間にか何もしなくても、稼げるようになってきたからです。

 

仕事で楽をする究極と言ったら、何もしないでお金を稼ぐことでしょうか。

一旦サイトを作ってしまうと、自分の代わりにネット上で稼いでくれるので楽なのです。

 

そんなことできるの?

年金を受給していることで、精神的余裕があるせいでしょうか。

自分で記事を書いて、コツコツページ作りをして来たら出来ました。

 

インターネットとパソコンを使うと、ネットの仕事は工夫次第で、自分で働かなくてもお金が稼げます。

こんな感じのネットの仕事(アフィリエイト)です。
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

わたしはホームページ作りとかブログが好きなので、年金受給前から結構楽しんでやっています。

 

 

仕事で楽をする工夫ができるとお金が稼げる

わたしの場合は一人暮らしですが、年金が月9万円いただけるので、自力で月5、6万円程の収入があれば、十分暮らせるのです。

 

で、その不足分のお金を家で仕事しながら、稼いじゃおうと考えました。

そうなると仕事をするのに、いかに楽をするか工夫するわけです。

 

この楽をするための工夫が、仕事をする上での醍醐味と言ってもいいと思います。

 

せっかく家にインターネットとパソコンがあるので、ホームページやブログをやってみました。

 

でも普通にやっていても、お金なんて稼げません。

 

今は稼げないけど、ちょっと先の未来にお金を稼ぐための努力をすることです。

 

頑張れば頑張った分だけ、未来に楽できるような働き方が理想となります。

 

 

ホームページ作りの仕事なら楽をする工夫ができる

サイト作りを仕事にして、ネットでお金を稼ぐのなら工夫しないとダメなのです。

 

わたしも楽できるまでには、一年以上かかっていますので、お金を稼ぐって大変だなと実感しています。

 

でも仕事ですから工夫次第で、楽になることも分かってきました。

 

ホームページやブログを自分で作っているので、雇われているわけでもなく、いたって自由に仕事をしています。

 

商店街で商品を販売しているお店をみかけますが、わたしの場合はお店のネット版といった感じですね。

 

ホームページに商品を掲載して紹介したり、お役立ちの記事を載せたりしています。

それでお金が稼げるのですから、インターネットとパソコン使わないともったいないです。

 

 

未来に楽できるネットの仕事はほぼリスクなし

ネットの仕事の場合だと、ホームページやブログがないとできません。

 

なぜこういった仕事を始めたかというと、ホームページ作りが好きだったことと、初期のお金がほとんどかからないからです。

 

わたしも最初にサーバーを借りたり、ドメインを購入しましたが、年間で1万円程なので一年分先払いしました。

 

1万円ほどでネットの仕事ができて、商品の在庫も持たないのですから、ほぼリスクがありません。

 

年間一万円といってもこれはネット維持費です。

 

他にパソコンやネット接続料に電気代と言ったお金も、当然毎月掛かります。

 

新型コロナ問題で、仕事に危機感を持ったなら、ネットの仕事を考えてみてはどうでしょう。

 

 

【まとめ】

自分で仕事をすると、工夫次第で楽する事ができる所が楽しいですね。

 

年間一万円使って、毎月5、6万円稼ぐなんて、虫のいい話だと思うでしょうが、いまの時代は工夫次第でできます。

 

わたしも60歳から始めて、かれこれ5年が過ぎて今65歳ですが、年金の不足分の他にも老後資金を補充しながら、ブログを書く余裕ができました。

 

新型コロナ感染対策で、緊急事態宣言が出た時は驚きましたが、ネットで仕事ができたことで、何とか不安を乗り越えられました。

 

今後テレワークという方法で、働き方が変わることは間違いなさそうです。

 

テレワークなら、東京で働かなくても問題ありません。

 

インターネット環境の整っている所なら、働く場所を選ばないのですから、住む場所の選択肢も増えますね。

 

わたしも、年金を受給しながらネットの仕事をしてみて、とんでもなく便利な時代になったと思っているのです。

 

ネットの仕事でも楽をする工夫をすると、結構自由な生き方や働き方ができるという話でした。

 

関連記事:
新型コロナ禍で働く場所?もうどこで働いてもいいんじゃないの?

-年金, 老後資金
-

© 2020 シェアじゃんblog