自由に生きる

フリーランスで仕事がないと不安なので自分で作った

仕事がないと不安
フリーランスをやっていると、仕事がないと不安になると思います。

 

そういった不安を解決する一つの方法を書いてみました。

 

わたしは現在65歳ですが、フリーランスのような仕事をして生活中です。

 

自宅を仕事場として5年が過ぎました。

 

さらに年金を受給したこともあって、フリーランスのようなまねごとをしています。

 

しかし、フリーランスで仕事を探したりするのも面倒ですし、自分で仕事を作って見ました。
 

スポンサーリンク


 
 

フリーランスは仕事がないと不安になる

YOU_KAZさんによる写真ACからの写真

 

フリーランスで仕事を探しても、仕事が見つからずに不安な毎日を過ごしていました。

 

ブログなどでもお金を稼いでいる人もいるようですが、わたしには難しくてとても稼げません。

 

頑張って記事を書いても月数記事しか書けないので、月200円から300円も稼げればといった感じです。

 

かといって本格的に書けるほどの、知識も経験もないのでブログは趣味となっています。

 

それでも、年金だけではちょっと足りないし、働かないと生活費も足りないので、ホームページ作りを主力にしてきました。

 

ブログじゃ稼げないけど、フリーランスとして自立するためには、仕事がない不安を克服しなければなりません。

 

 

フリーランスで仕事がない不安を克服するためホームページ作りを始めた

ホームページを作ってアフィリエイトをやってみたら、一年程で稼げるようになったので、仕事がないという不安を克服できています。

 

ですから今では請け負った仕事は一切やっていません。

 

一年ほど本気で取り組んでみたら、仕事がないという不安から解放されて、新しいフリーランスという働き方ができました。

 

さらに年金というベースがあるので、65歳のいまでは気楽な気持ちでフリーランスを楽しんでいる感じです。

 

そんなこんなで雇われず、仕事も受けずに5年もやって来られたのは、インターネット環境が整っていたからだと思っています。

 

自宅にパソコンがあると、ブログを書いたりホームページを作るだけで、稼げるのですからとてもありがたい時代です。

 

フリーランスで仕事がないと不安になっているなら、ブログやホームページを使って、自分で仕事を作るのも一つの方法だと思います。

 

 

スポンサーリンク


 

フリーランスで仕事がない不安を克服

さらに自宅以外でも仕事ができない訳でもなく、パソコン環境のある所なら問題なく仕事はできます。

 

ですから時々ですが、田舎暮らしをしながら二拠点居住生活をして、パソコンを使うことも試してみました。

 

それができると分かってからは、田舎暮らしをしながらブログも書いています。

 

フリーランスでも仕事を受けた働き方だと、仕事がないときの不安は半端ないと思うのです。

 

仕事を受けてする以外にも、自分で仕事を作って自己完結型の方法を考えてはどうでしょう。

 

フリーランスでどういった仕事をしているかにもよりますが、ライティングを仕事にしている人なら、自分でアフィリエイトブログやサイトを作れば、自力で稼げるようになります。

 

ただ、ページが検索されるまでに時間がかかるので、いつ稼げるか分からないで記事を書いてページ作りを続けるのは、とんでもなく不安です。

 

わたし自身一年間以上続けていたら、徐々に稼げてきた経験をしたので、ネットを利用して自分で仕事を作るということは、こんな感じなのだろうと思っています。

 

記事を書いてページ作りを続けていたら、生活できるくらいが稼げてきたので、フリーランスで仕事がない不安を克服しました。

 

普通の人ではここまで継続できないのではないでしょうか。

 

ですから、フリーランスでライティングの仕事をしている人なら、わたしよりずっと早く稼げるのではと思うのです。

 

 

フリーランスで仕事がない不安が続く原因

ライティングの仕事を受けて、記事を書いて納品してしまえば、お金と引き換えにもう自分のものではありません。

 

一記事だけを考えてしまえば、記事を書いてお金がもらえた方が現実的です。

 

フリーランスで稼ぐ場合は、こういった考え方で仕事をしていると思います。

 

フリーランスで順調に仕事があるなら、何の違和感も感じないでしょう。

 

でも、自由な働き方なのに、フリーランスの仕事が不安なのは、常に仕事が保証されていないところです。

 

ですから、できるだけ自分で仕事を作って土台を作ることを考えないと、仕事の不安から解放されません。

 

わたしは、フリーランスという働き方を始めてすぐに、仕事の不安に襲われました。

 

WEBの初心者では仕事も取れないし、フリーランスには向いていないと思ったのです。

 

でも、ホームページを作って自分で記事を書いて、自分用のサイト作りならできます。

 

仕事が取れないなら自分で作って見ようと考えました。

 

 

フリーランスで仕事がない不安を消す方法

サイト作りでなぜお金が稼げるのかと疑問に思うでしょうが、グーグルアドセンスという広告をサイトに掲載出来たからです。

 

もし一年間記事を書いて自分のサイトに投稿しておけば、それがネット資産となって残ります。

 

自分のサイトで集客できるようになれば、広告や商品を紹介するだけで、お金が稼げるチャンスがあるのです。

 

これを2年、3年と続けていれば、かなりのページ数となり、間違いなく自分の力でお金は稼げます。

 

集客できるサイトさえ作ってしまえば、商品を紹介して売り上げに応じた報酬をいただくということも可能です。

 

どんな仕事でも雇われた働き方では、本当の自由な時間を得ることはできません。

 

フリーランスの場合は、日々の働きが直接生活に影響しますから、数年先を見据えた取り組みが難しいのも分かります。

 

でもわたしが60歳から約一年半自力で作り続けてみたら、フリーランスのような仕事の不安から解放されました。

 

自分の力でサイトを作ってお金が稼げるようになると、自由な時間が増えてきます。

 

まず、仕事のない不安を消すことを第一に考えることです。

 

 

仕事がない不安を消してからフリーランス

自分で仕事を作り続けて仕事の不安を消してから、フリーランスという働き方をすると安心です。

 

精神的余裕の中で仕事を受ける事ができれば、フリーランスという働き方が楽しくなるでしょう。

 

わたし自身はそういった状況ですから、今からクラウドソーシングを利用して仕事をしようと思えばできますが、年金も受給しているのでやりません。

 

自分がネットでフリーな働き方を身につけてみたら、選択する自由もあります。

 

ですから、65歳のいまは年金プラスネット収入で、時々田舎暮らしをしながらフリーランスの真似事のような生き方をして、ブログも書いていられるのです。

 

もし60歳の時に仕事のない不安を感じながらフリーランスをしていたら、また雇われた不自由な働き方をしていたと思います。

 

考え方を変えて行動すると、別な方法で自由な働き方もあることに気づけるでしょう。

 

 

まとめ

仕事を受けてしまうと、どうしてもノルマや締め切りに追われることになります。

 

フリーランスで仕事がない不安を感じるなら、仕事を受ける働き方と並行して、自分専用のサイトを作ることです。

 

インターネットとパソコンを使うと、仕事は自分で作れます。

 

集客できるサイトが作れれば、雇われることもなく仕事も受けないのですから、プレッシャーやストレスも感じません。

 

今の時代はやり方次第で、どこでも仕事ができるのですから、仕事がない時や失業中に始めておくといいと思います。

 

フリーランスという働き方を変えたいと思ったら、本気でやらないといつまで経っても、仕事の不安から抜け出せません。

 

わたしは60歳から始めて5年経ってみて、あの時やっておいて良かったと思う今日この頃です。

 

関連記事:
会社で働かないという生き方はできるのか

 
自分で仕事を作る小さな起業はどうでしょう

-自由に生きる
-

© 2020 シェアじゃんblog