自由に生きる

働かないでも生活ができる状態になることが目標です

働いても働いても楽にならないのは、お金の稼ぎ方にあると思いませんか。

 

わたしはお金の稼ぎ方に問題があると思って、働かないでも生活ができる状態を作ることにしました。

 

自分が働いてお金を稼ぐことを繰り返しても、いずれ働けなる時が来ます。

 

それまでにしっかり貯金し、退職金も十分ある、年金もあるといった状態なら、定年後は働かないでも生活できるでしょう。

 

でもそんな人はごく一部で、大半は働いても働いても楽にならないと感じているかもしれません。

 

働いても楽になれないのに、失業でもしたらどうします。

 

 

わたしは50代半ばで失業して焦りました。

 

働いていれば何とか生活できるのですが、失業してしまうと貯金を取り崩す生活になってしまうのです。

 

若い時なら再就職も比較的簡単にできますが、50代を過ぎると簡単ではありません。

 

 

何か特別な資格や技能がないと、仕事も限られてしまいます。

 

誰でもできる仕事は、低賃金でもたくさんの人が応募しているのですから大変です。

 

働いても楽にならないのに働く場がないとなったら、とても不安になってしまうでしょう。

 

それでも就職できないとしたら、考え方を変えるしかありません。

 

 

働かないでも生活ができる状態を作る考え方

働かないでも生活ができる状態を作る方法を考えてみました。

 

働かないでも生活できる状態とは、雇われた働き方でなくても収入が得られるという意味です。

 

自分で仕事を作って収入を得る事ができれば、働いても楽にならないとしたら自分の責任と思えます。

 

自分が頑張った分だけ収入につながる仕事なら、納得して働けるのではないでしょうか。

 

いまはインターネットとパソコンがある時代なので、自宅でお金を稼ぐ事ができるのです。

 

ネットを利用して在宅でお金を稼ぐ、クラウドソーシングと言う働き方もあります。

 

しかし、働かないでも生活ができる状態を作るためには、ネットを利用して自分で仕事を創り出すことでした。

 

こういった方法だと簡単には稼げませんが、継続することで働かないでも生活ができる状態が作れる可能性があるのです。

 

 

生活できているうちに働かないでも生活ができる状態を作る

今生活できているうちに取り組んでおけば、将来には働かないでも生活ができる状態が作れるとしたら夢があります。

 

年金というベースがあって、ネット収入があるというのが老後の理想なので、わたしは60歳から本気で取り組んでみました。

 

わたしはインターネットとパソコンを使って、ホームページ作りやブログを書いて収入を得ることにしたのです。

 

ワードプレスもあるので始めるのにそれ程お金も掛かりません。

 

ただひたすら記事を書いてページ作りをして、集客できるようになったらお金を稼げるベースができます。

 

生活できているうちに、お金を稼ぐためのベースを作って見ました。

 

 

年金プラス「働かないでも生活ができる状態」で老後を生きる

働かないでも生活ができる状態にするには、サイトを作って広告や商品を紹介してお金を稼げるようにすることです。

 

こういったサイトを作り続ければ、過去に作ったサイトが24時間365日間、自分に代わってネットで働いてくれます。

 

65歳のいまでは年金プラス「働かないでも生活ができる状態」が作れたので、時間的にも余裕が出てきました。

 

老後を見据えて、年金プラス「働かないでも生活ができる状態」を作って見てはどうでしょう。

 

年金を受給できる60代だからこそ、自宅でお金を稼ぐことに挑戦できるのです。

 

関連記事:
会社で働かないという生き方はできるのか

-自由に生きる
-

© 2020 シェアじゃんblog