生活

年金が月9万円受給できたので老後貧困を抜け出せそうです

61歳から年金を繰り上げて、早めに受給してみました。

仕事もしていなかったのでやむを得なかったのですが、年金が月9万円も入ったので貧困を抜け出せそうな気がしています。

年金が月9万円も入ってくるとなると、安心感も違うし俄然やる気になってきました。

年金9万円のままでは老後貧困を抜け出せませんが、自分で最低でも11万円稼げれば、合計20万円ですから余裕で暮らせると思うのです。

 

年金9万円が老後貧困を抜け出すベースになった

一人暮らしですから月15万円でも十分ですから、年金の他にあと6万円となったら、インターネットとパソコンがあれば家にいながらでも稼げる自信があります。

 

毎月9万円もあると思うと、あとは自分で稼げば稼ぐほど楽になるのですから、老後貧困を抜け出すこともできそうなので、働くことも楽しくなってきました。

 

もちろん会社などに勤めなくても、10万円程度ならネットを利用して、お金を稼げる方法はあります。

 

それでも月10万円ほどなら、パートやアルバイトで頑張れば稼げる金額ですが、いつまで働けるかわからないので、元気なうちに家でお金を稼げる仕組みを作ってみました。

 

スポンサードリンク


 

老後貧困を抜け出すためにネットの仕事を始めた

59歳のころからネットでお金を稼ぐ方法を模索しながら、記事を書いてホームページつくりをしています。

 

もうすぐ丸4年ほどになりますから、かなりのページを作れたので、今ではネット資産になっているのです。

 

ネットでお金を稼ぎたいと思ったら、記事を書いてページを作って投稿することを繰り返せばいいということも分かりました。

 

でも60代になって実際にネットの仕事をやる人は、ほとんどいないと思います。

 

いつ稼げるかわからないようなネットの仕事なんか、60代になってはとてもできないのです。

 

わたしがもし50代も会社に勤めて65歳で年金が受給できて、月15万円ももらえたらネットの仕事をしていなかったでしょう。

 

そして、年金だけで細々と生活していたかもしれません。

 

老後貧困の危機感を持つ

50代中盤になって失業し、年金定期便を見て老後に危機感を持っていました。

現実は年金だけでは暮らせないし、老後貧困が見えていたからです。

 

50代後半になって仕事が見つからないと、貯金はなくなってしまうし本当に困りますよ。

 

精神的に受けるダメージも大きすぎるのです。

50代で老後資金も使ってしまう状況になったら、今まで働いてきた意味さえも分からなくなってしまいます。

 

老後資金もないまま60代になったらどうします?

技術も資格もないまま会社に依存して、ただ生活費のために働くって怖いと思いました。

 

若い時なら失業しても仕事はいくらでもあったのに、50代を過ぎたら仕事を選んでなんかいられません。

 

どんなにつらくても生活のために我慢して働いても、結局景気によって職を失ってしまいます。

 

老後貧困を抜け出すためにネットの仕事も選択肢の一つ

60代になって新しい仕事を探すなんてとてもできそうになかったので、自分で仕事を始めようと思ってインターネットとパソコンを利用してみたのです。

 

やろうと思うとできてしまうところが、インターネトの凄いところだと感じています。

 

ただひたすら記事を書きページ作りをして投稿し続けていたら、いつの間にか集客できるようになって、広告や商品を掲載していたらお金が稼げるようになってきました。

 

年金9万円もあるし、ネット収入もあるとなると老後貧困の心配からも抜け出せそうな気がしています。

 

ネット収入なんて一時的なものかと思っていたら、もう2年も安定して稼げているので、ネットを上手に利用すれば家にいながらでも十分稼げそうです。

 

年金があるということがより安心感につながって、今では新しいブログを作ってさらに数年先を見据えています。

 

老後貧困を抜け出す一つの選択肢として、わたしはネットの仕事を選択してみました。

 

-生活

© 2020 シェアじゃんblog