働き方

解雇や雇止めという同じ轍(てつ)を踏むことを避ける考え方

解雇や雇止めという同じ轍(てつ)を踏むことになると、再就職も簡単ではありません。

 

リーマンショックの時に、解雇や雇止めにあって再就職の難しさを感じた人もいたのではないでしょうか。

新型コロナ感染問題で同じように解雇や雇止めにあっているかも知れません。

 

そういった経験をすると、自分で稼ぐ道を作っておくことの大切さを感じるのです。

 

世の中の景気に左右されて再就職に苦労する状況になって、路頭に迷うような同じ轍(てつ)を踏むことだけは避けたいですね。

 

ところが新型コロナ感染問題で、再び解雇や雇止めにあってしまった人が、たくさん出てしまいました。

 

二度あることは三度あると言われています。

 

くれぐれも収入や生活ができているうちに、自分で稼ぐ道を作っておくことも考えてほしいのです。

 

そうすることで自分の生活は自分で守れるのではないでしょうか。

GR200さんによる写真ACからの写真

同じ轍を踏む
読み方:おなじてつをふむ

先人が失敗した同じ失敗を繰り返すこと。単に「轍を踏む」とも言う。前の車の車輪跡にはまり込んで、転倒する、という状況に譬えた表現。

出典元:Weblio辞書

解雇や雇止めという同じ轍(てつ)を踏むことだけは避けたい

景気に左右されて解雇や雇止めという、同じ轍(てつ)を踏むことだけは避けたいですね。

 

わたしは、不幸中の幸いというのかリーマンショックの影響で、雇止めにあってから再就職もできずにいたら、自分で稼ぐ仕事ができました。

 

インターネットとパソコンのある時代ですから、やり方次第では自分の家でお金を稼げるのです。

 

自分でお金を稼げるようになったことで、今回の新型コロナで無収入になることはありませんでした。

 

リーマンショックの時に再就職できずに、雇われる働き方ができなかったことで、新型コロナウィルス感染問題で、路頭に迷うような同じ轍(てつ)を踏むこともなかったのです。

 

自分で稼げる道があるなら、普段から本業以外での収入源を確保しておきたいと思っています。

 

雇われる働き方をやめて、ブログやホームページ作りに専念して、広告収入やアフィリエイト収入によって生活費を稼げるようになりました。

 

自分の人生を自分で考えながら生きられると、精神的にも余裕が生まれてきます。

 

こういった生き方ができるのも、一人暮らしだからできているのかもしれません。

 

でも本業以外に別な収入源を作るという考え方は、いまの時代に必要なことだと思うのです。

 

 

スポンサードリンク


 
 

雇われずに自分の力でお金を稼ぐ別の収入源を作る

雇われずに自分の力でお金を稼ぐことは簡単ではありませんが、クラウドソーシング、ブログ、ホームページなどを利用してお金を稼ぐ方法はあります。

 

解雇や雇止めということが考えられる職業についている場合は、常に危機感を持って働かなければなりません。

 

自分の身は自分で守るしかないのですから、日ごろから自分にできる副収入源を作る努力はしておきたいですね。

 

クラウドソーシングなら、お金もかからないし家でできる仕事が豊富にあります。

 

登録するだけで、今すぐにでも始められる仕事もあるのですから、検討してはどうでしょう。
クラウドワークス

 

 

生活に余裕のあるうちに別の収入源を作る

ブログで稼ぐこともできます。

 

ブログで稼ぐ方法はネット上にいくらでも出ているので、調べればやり方も分かるでしょう。

 

結局は本人の考え方や行動力がないと、自分の身を守ることはできません。

 

雇われずに自分で稼げる力を身につければ、収入源が一つではなくなるので、精神的にも余裕が生まれます。

 

本業での収入があるうちに、新しい収入源を作っておくことで貯金もできるのですから、ぜひ新しい収入源となる道を選択してください。

 

 

関連記事:
自分で仕事を作る小さな起業はどうでしょう

 

-働き方
-

© 2020 シェアじゃんblog