自由に生きる

お金のために仕事をしなくてもいい自由は最強!

お金のために働くのをやめたら自由がついてきました。

お金のために仕事していると、いつまで経っても自由になれません。

捨てた自由を取り戻したいと思っていたら、なんとその自由が向こうから近づいてきたのです。

もう少しで見過ごすところでした。

 

常に自由というものを考えていないと、すぐそばを通り越していく事もあるので注意してください。

わたしが向こうからやってきた自由を捕まえた方法を紹介します。

わたし自身が飛んで火にいる夏の虫の心境になってみました。

 

お金のために仕事をしなくてもいい自由

自由な生き方がしたくても、お金がそれを邪魔するのですから、お金は実に厄介でありがたい存在です。

 

お金を嫌う訳にもいかず、好きになっても逃げていくので、お金も貯まりません。

 

お金を稼ぐために働いていると、それが当たり前になって、お金のために働く生活にどっぷりつかってしまいました。

 

大人の世界の自由時間は、土日に休日と盆休みとお正月と有給休暇など、結構な休日があるのですが、それだけでは物足りないのです。

 

もっと自由な時間が欲しい!

こういったことを考えているだけならいいのですが、実際に自由を求めると独身でいる確率も上がります。

 

それでもいいから休みや自由な時間が欲しいという人は、自由な生き方ができる素質のある人です。

 

わたしにも自由に生きる素質が備わっていました。

今でも相変わらずの独身の一人暮らしでいます。

 

そういった素質を開花させなければ、独身でいる意味も無くなってしまうので、自由を諦めませんでした。

 

そういったことを考えながら仕事をしていたら、リーマンショックのあおりを受けて職を失ったのです。

 

お金の入らない不自由な自由を経験

思わぬ時代の波に巻き込まれて、失業という不自由な自由が舞い込んできたのです。

 

果たしてこれが結果的にいいのか悪いのかは、塞翁が馬(さいおうがうま)なのでしょう。

 

塞翁が馬とは人生の幸不幸は予測できないものだというたとえで使われます。

 

人間万事塞翁が馬などとも言われて、人間の吉凶・禍福は変転し、予測できないことなので、安易に喜んだり悲しむべきではないとも言われているのです。

 

失業も消して悲観するものではないと思いながら、ひと時の自由を楽しんでいました。

 

しかし、お金を無駄に使うだけの自由な生活となって、貯金が減っていく不安のようなものを感じてきたのです。

 

大人の世界はお金があってこその自由な時間でなければ、ただ苦労が待っているだけ。

 

入ってくるお金がなければ、自由になれても不自由な自由が待っているだけでした。

 

やはりお金は大切ですね。

そう思って再び就職活動を始めてみたものの、どこも雇ってくれません。

 
 

スポンサードリンク


 

お金のために働かない不自由な仕事を続けたら……

生活の心配が出てくる前に、お金のために働きたいと思ったのに働けないのです。

 

貯金が減っていく不安から、お金のない怖さまで経験すると、お金のために働いていた頃が懐かしくなります。

 

でもどこも雇ってくれない時、あなたならどうしますか?

 

お金のために働かないことにした

雇ってくれないなら自分で仕事を作って、お金を稼がなければ生きる道がありません。

 

生きるために最善を尽くすのですから、いままでの常識を変えるように脳みそに言い聞かせてみました。

 

常識で固まった脳みその一部に新しい刺激を与えたのです。

 

インターネットとパソコンを使って、ネットでお金を稼ぐ方法を脳に教えてみました。

 

お金のために仕事しない非常識な行動

脳は今までの常識ではない働き方に、最初は戸惑いますが順応するのが脳の凄いところだと思います。

 

今までの常識ではできなかった、非常識な稼ぎ方ができるようになりたいと願ったのです。

 

雇ってもらえないしお金を稼げないと、生命にかかわるという危機感があります。

 

そういった状況で、ネットでお金を稼ぐ方法を脳に教えたのですから、どんなことがあってもお金を稼ぐまで脳は諦めないのです。

 

脳を本気にさせて自分でお金を稼ぐ方向へと行動しました。

 

ネットでお金を稼ぐ方法は存在しますから、自由を願うならご自身で探してください。

 

すぐに稼げる方法ではないので教えることはできません。

 

うかつに教えて、稼げないじゃないかと言われ詐欺呼ばわりされても困ります。

 

しかしネットでお金が稼げるという話は本当のことです。

 

わたしが実際に経験して、いまでも稼ぎ続けていることですから。

 

お金のために働かない日常が手に入った

インターネットとパソコンを使って、ネットでお金を稼ぐ仕組みを作ってみました。

 

結果的に一年以上もネットでお金を稼ぐ方法に取り組んでいたら、お金が継続して稼げるようになってきたのです。

 

すると、自分の代わりに24時間働いてお金を稼いでくれます。

 

もう3年以上ネットで稼ぐ仕組みを作っているので、24時間365日と言っても言い過ぎではなくなりました。

 

いつの間にか、お金のために働くことから解放されて、自由な時間が増えています。

 

これがお金のために働かない自由なのかと実感しています。

あらためて「人間万事塞翁が馬」が頭をよぎりました。

 

お金のために仕事しない時代が来たのかも

できればもっと早く、わたしが20代の頃にお金のために働かない自由を手に入れたかったのですが、まだインターネットもパソコンもスマホもない時代だったから無理だったのです。

 

インターネットもパソコンもスマホもあり、機が熟したころを見計らって、チャンスが近づいてきたと思っています。

 

自由というチャンスが向こうから近づいてきたのですから、わたしが見逃すわけがありません。

 

今の時代なら自由になるための道具はすべてそろっています。

 

自由になりたいと思う独身の一人暮らしの人は、利用してみてはどうでしょう。

 

家庭を持っている場合はリスクが大きいので、無理をしないでください。

 

 

【まとめ】

お金のために仕事ができる選択肢があると、お金のために働かない考え方は理想で終わります。

 

スマホがあるからインターネットもパソコンも解約したなんてことだと、自由のチャンスは通り過ぎて行ったかもしれません。

 

お金のために我慢して働き、しっかりお金を貯めてから自由を探しましょう。

 

そうすれば年金のもらえる60代後半には、自由な生き方もできますから。

 

お金を稼ぐことってすごく大変!

それでもお金のために仕事しない自由な働き方は素晴らしい!

 

-自由に生きる

© 2020 シェアじゃんblog