半夏蒸し -はんげむし-

ポジティブ感あふれる楽観過ぎる生き方ブログ! 一日数回食前食後にお読みください。

確定申告

ネットでe-Tax!もう確定申告で税務署にはいかない!

ネットでe-Taxの確定申告するので、税務署に行くのをやめました。

e-Taxで確定申告したほうが、混雑しないし便利で簡単ですからね。

確定申告の時期になると、税務署へ行くのが当たり前と思っている人も多いと思います。

 

 

わたしは時間の無駄なので、家でパソコンを使ってネットでe-Taxの確定申告をするようになりました。

ここ数年税務署に行ったこともありません。

 

e-Taxで確定申告する方法がもっと簡単にできるようになるらしいので、今年からでもe-Taxで確定申告はどうでしょう。

 

 

ネットのe-Taxで確定申告も簡単になる

平成最後の確定申告も、e-Taxで確定申告する方法がもっと簡単にできるようになると、e-Taxのホームページの中に書かれていました。

簡便化の概要として、

  • マイナンバーカードによるe-Tax利用(マイナンバーカード方式)
  • ID及びパスワードによるe-Tax利用(ID・パスワード方式)

【平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めています
国税庁では、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの認証連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用を簡便化するためのシステム修正を進めており、平成31年1月からご利用いただける予定です。

~マイナンバーカード方式によるe-Tax利用のイメージ~

出所:【平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めています

家にいながらネットのe-Taxで確定申告

家にいながらパソコンを使って、e-Taxで確定申告できるのですから、わざわざ混雑する税務署まで行く必要もありません。

 

家のパソコンを使いe-Taxで確定申告ができるようになれば、来年もまた同じようにできるのですから、その時間を他の事に使えます。

 

確定申告はネットで済ませるなんて、もう当たり前なのかもしれません。

 

わたしはネットで仕事をして収入を得ているので、数年前から家にあるパソコンを使って、確定申告を済ませています。

 

でも最初は戸惑いもあって、ずいぶん時間もかかりました。

 

スポンサー リンク


ネットのe-Taxで確定申告も最初は大変

確定申告の時期になると、テレビなどでもe-Taxで確定申告なんていうCMが流れてきますが、初めてe-Taxで確定申告するとなると、戸惑いもあるし難しいかもしれません。

 

そばにパソコンやe-Taxのことが分かる人がいて、その通り一つ一つ教わりながら進める感じなら、なんとかできるでしょう。

 

でもパソコン初心者が自分ひとりの力で、e-Taxで確定申告なんてすると結構難しいと思うのです。

 

e-Taxで確定申告する方法がもっと簡単にできるようになると、e-Taxのホームページの中に書かれていましたから、簡単にできるようになるのかも知れません。

 

いままではe-Taxを利用するために、事前に税務署長へ届出をして、e-Tax用のID・パスワードの通知を受け、これらを管理・入力する必要がありました。

 

icカードリーダライタでマイナンバー対応

マイナンバー対応のためには、icカードリーダライタが必要になります。

ネットの場合はマイナンバーカードの取得手続きも済ませておく必要もあり、ICカードリーダライタが未取得の場合は購入しなければなりません。

 
一度購入してしまえば、また来年も使えますし、税務署からの通知もネットで読む事ができるので、マイナンバー対応のicカードリーダライタは必要になります。
 
こちらが、マイナンバー対応のicカードリーダライタです。

 

 
この他にもマイナンバー対応のicカードリーダライタは数種類あります。

 
なりすまし対策やセキュリティ対策のため、本人確認は重要ですから簡単には始められないのです。

 

どうしても最初の手続きを済ませるまでがすごく大変だと思いました。

 

一度すべての手続きを済ませてしまえば、次回からのe-Taxで確定申告はすごく簡単にできます。

 

ですからわたしは、今年も確定申告は家のパソコンを使ってe-Taxで済ませるつもりです。

 

e-Taxで確定申告する方法が、いままでよりもっと簡単にできるようになるなら、絶対に家のパソコンでe-Taxで確定申告をするのがおすすめだと思います。

 

ネットでのe-Tax確定申告の考え方

e-Taxで確定申告するのも、最初の確定申告を済ませるまでがすごく大変だった気がします。

 

諦めずにやってみたら、なんとかe-Taxで確定申告する事ができたのです。

 

翌年からは簡単にe-Taxで確定申告を済ませる事ができて、いまではその時の大変さも忘れてしまいました。

 

そう考えると、e-Taxで確定申告するのも何かを覚えることも、似ているように思えるのです。

 

どんなことでも、なにかをやろうとした時、最初はすごく大変な思いをしますが、慣れてしまうとその大変さを忘れてしまいます。

 

慣れてしまうと簡単に思えてしまうから不思議です。

 

何かを始める時には、常にこういった「最初はすごく大変」だとという気持ちで臨めば、途中で諦めることも少なくなると思います。

 

e-Taxで確定申告するのもそうですが、最初はなかなか簡単にできるものではありません。

 

ネットでのe-Tax提出のための帳簿つけ

個人事業主やフリーランスをしていると気になるのが確定申告のことです。

 

所得が20万円以下の場合は確定申告しなくてもいいのですが、個人事業主やフリーランスなどで20万円以上の所得がある人の場合、帳簿つけも必要です。

 

事業所得の場合は、青色申告の場合も白色申告の場合も、帳簿付けが義務付けられています。

 

これは納める税金があるないにかかわらず、必要なので注意してください。

 

帳簿を付けるのは結構面倒に感じると思います。

 

青色申告するためには、税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておかなければなりません。

 

これもe-Taxを利用すれば、ネットで済ませることもできます。

 

でも初心者の場合は税務署へ直接行って、提出したほうが早いかもしれません。

 

会計ソフトでe-Tax確定申告

白色申告で10万円の控除、青色申告をすると65万円の控除が受けられます。

 

青色申告で65万円控除を受けるには、主要簿と呼ばれる「総勘定元帳(略して元帳)」「仕訳帳」という帳簿を作る必要があります。

 

これらの帳簿作っても確定申告の際に提出するわけではありませんが、帳簿は領収書とともに7年間保存しておかなければいけません。

 

確定申告で提出するのは「損益計算書」と「貸借対照表」ですが、帳簿を付けるのも大変なので、会計ソフトを使うと簡単にできると思います。

 

日々の取引を画面を見ながら、入力するだけで自動で作成してくれますので、会計ソフトを使うのが最善策です。

 

知識がなくても帳簿が作成できます。

やよいの白色申告オンライン

やよいの青色申告オンライン

わたしは一年間会計ソフトを無料で使って、確定申告で提出する「損益計算書」と「貸借対照表」も、簡単に作る事ができました。

 

今年もこのソフトを使って、e-Taxで確定申告を済ませる予定です。

 

こういった会計ソフトも使いやすくて頼りになりますので、一年間無料で使ってみてはどうでしょう。

 

e-Taxでの確定申告や会計ソフトの紹介をさせていただきました。

 

-確定申告

Copyright© 半夏蒸し -はんげむし- , 2020 All Rights Reserved.