年金がいくらもらえるとか年金だけで生活できないと悩むより稼ごう!

年金だけで生活できないと悩むより稼げるうちは稼ごう!

働いても賃金も増えないし、貯金も増えないとぼやきたい気持ちはよく分かる。

 

仕事も住むところもお金もない、がけっぷちに立ってもセーフティネットがあって落ちることもない。さらに60代になれば年金がもらえる。

 

平和な日本に住んでいるだけでもありがたいのに、失業すれば失業給付金、入院すれば高額医療限度額保険もある。生活に困ったら生活保護制度も利用できる。

 

そういった素晴らしい国にいることを感じないのは、あなたがお金も仕事も住む場所もあるからだと思う。

 

お金も仕事も住む場所もある人から、貧困層らしき人を見れば、幸せそうには見えないのは当たり前だ。

 

実際自分がそういった立場になってみないと、そのつらさは分からないと思っていたら失業した。

 

まともに稼ぐことが難しい働き方で分かった賃金

40代で失業して再就職の難しさを知るが、なぜなんだろうと思ったら、40代で技能も資格もないと相手にされない。

 

パソコンは使えたのだが就職には役立たないようだ。

 

それでも何とか派遣の仕事があって、工場で働いてみたが、 こんなに安い賃金でどうやったら貯金ができるのか?

 

これでは「働けどはたらけど なお わがくらし楽にならざり」の詩を思い出してしまう。

じっと手を見るのではなく、給料明細をじっと見てしまった。

 

夢や希望も持てない働き方から抜け出すのは難しい

夢や希望も持てない、老後の生活のために貯金をすることもできない。

 

老後の趣味はテレビを観るか、お金のかからない散歩をすることぐらいになる。

 

非正規で働く若者に夢も希望も持てない賃金でいいのだろうか日本!と感じながら働いていたら雇い止めだ。

また失業! 絶対に何かがおかしい。

 

失業してハローワークに行ったら、失業給付金はもらえるしパソコンも無料で学べるし、国民年金保険料の免除などもあって、日本っていいなってころっと心変わりする自分がいる。

 

もしかしたらおかしいのは自分の生き方かもしれない。

 

そういったこともあって、なんか自分に甘えがあったような気がして、ちょっと頑張ってみたのだ。

 

スポンサー リンク

年金だけで生活できないと悩むより稼ごう!

老後のために蓄えなければいけないことも分かっている。

年金だけでは生活できないと悩みながらでも結構生きている。

 

甘えだとすれば、必死で考えることは「働き方」に尽きる。

年金の他に働けるなら働けばいい。

 

そしていかにして年金プラス副収入を作って、楽しく生活をするかだ。

 

わたしはできるだけ働きたくないから、小さく起業して生活を楽しむことにする。

 

貧困層と呼ばれる老後をどれだけ楽しめるかは、自分の行動次第だと分かった。

 

年金以外の副収入作りに一つの方法があった

ホームページやブログを書いて「グーグルアドセンスで稼ぐ」ことを仕事にする。

 

現在67歳で年金収入の他に、アドセンスで収入を得ている。

 

雇われて働いていた時より夢や希望の持てる生き方ができた。

 

家にいながらホームページ作りやブログを書いて、お金を稼ぐ方法がある。

あなたも挑戦してみては。

 

ホームページ作りやブログが書けると、AdSenseプログラムに参加できて「Google AdSense広告」を利用してお金を稼げるのだ。

 

貧困層を抜け出す一つの方法かもしれない。

 

わたし自身Google AdSense広告を利用して、新しい収入源作りができた。

Google AdSense(グーグルアドセンス)で稼ぐとはどういうことなのかは、こちらのページをご覧ください。

関連記事:

シェアじゃんblogホームへ戻る

スポンサー リンク
最新情報をチェックしよう!