話題

日本全国の納豆が水戸市「納豆スタンド“令和納豆”」で食べられる!

納豆ご飯

水戸と言えば梅の偕楽園が有名ですが、「納豆」のイメージも強烈に定着しているようです。

そこで、さらに日本列島に強烈な水戸市の納豆パンチをお届けいたします。

 

納豆は家庭で食べるものと思っていたら、納豆の本場水戸市に日本全国の納豆を食べられる専門店ができたのです。

 

納豆で有名な水戸市で、納豆専門のお食事処「納豆スタンド“令和納豆”」が、水戸駅北口にオープンしました。

 

全国各地で作られた美味しい納豆と、トッピング具材も数種類あって、いろいろな味を楽しめる納豆スタンドです。

 

水戸といえば「納豆」というより、日本を代表する伝統的な発酵食品だと思います。

 

日本全国の納豆を水戸市の「納豆スタンド“令和納豆”」で食べよう

水戸市にお住まいの方には、水戸の納豆にはなじみがありますが、日本全国各地で作られた納豆も食べられるとあって、納豆好きにはたまりません。

 

茨城県の人は日本各地の納豆も楽しめて、県外から来た人には水戸の納豆を堪能していただけるという納豆専門「納豆スタンド“令和納豆”」のお店ができました。

 

水戸市「納豆スタンド“令和納豆”」メニュー

納豆ご飯のセットは4種類

  • 「梅」600円
    納豆100g×1、トッピング×2
  • 「竹」1,000円
    納豆50g×3、トッピング×3
  • 「松」1,400円
    納豆30g×5、トッピング×5
  • 「極松」2,000円
    納豆30g×10、トッピング×10

※全て、ご飯、味噌汁、漬け物付き

 

納豆は最大10種類、トッピングも10種類。

この中から決められた数だけを選ぶ事が出来るトッピングシステムです。

 

「納豆スタンド“令和納豆”」場所

納豆スタンド 令和納豆は、アーバンビジネスホテルの2階にあります。

所在地 :茨城県水戸市梅香1-2-5 アーバンビジネスホテル 2F
アクセス:JR水戸駅北口より650m、徒歩10分、常磐高速水戸I.C.より車で20分
営業時間:6:30~23:00

 

 

この「納豆スタンド“令和納豆”」のお店は、クラウドファンデングを利用して、納豆プロジェクトを立ち上げています。

「納豆スタンド“令和納豆”」はクラウドファンディング資金調達

達成率415%、支援者数1,228人で目標金額3,000,000円のところ、12,468,210円集まりプロジェクトが成立しました。

 

そして、令和元年7月10日に水戸市で「納豆スタンド“令和納豆”」のお店がオープンしています。

 

クラウドファンディング限定の会員パスポートを持っている人は、納豆スタンド「令和納豆」の納豆ご飯セット(梅コース)が一生涯無料で楽しめるようです。

 

梅コース(納豆1種類100g、トッピング具材2種類、ご飯、味噌汁、漬物、お茶)限定。

 

 

茨城県は全国の都道府県の中で魅力度ランキングで、毎年47位の最下位に位置づけられていますが、この納豆専門の「納豆スタンド“令和納豆”」お店によって、納豆による魅力度ランキングアップになるのか、注目されたニュースでした。

 

-話題

© 2020 シェアじゃんblog