工場で働く二交代制の夜勤を経験し働き方を変えた

工場の夜勤で働く経験をして、働くという考え方が変わりました。

夜勤で働いてお金を稼ぐというのは大変ですね。

 

仕事のない日々を過ごすより、夜勤で働いていたほうがよっぽど楽という人もいると思います。

実際夜勤の仕事に慣れてしまえば、楽しいと感じてくるものです。

 

年齢も様々で、工場で働く事が好きという人にもたくさん出会いました。

 

なぜ工場の仕事が好きなのか聞いてみたら、夜勤に慣れてしまえば結構気楽だし、二交代制はお金が稼げるというのです。

 

二交代制の夜勤で12時間働くと確かにお金は稼げます。

体力に自信がある若いうちならこういった働き方で、お金を貯める事ができそうです。

 

働く人それぞれがいろんな生き方を経て、工場で働く選択肢をしています。どんな思いで働いているかなんて、話を聞いてみないと分からないものです。

 

できれば昼間に働いて、夜は眠りたいと思うのが本音だと思います。

 

スポンサーリンク



 

工場で働く二交代制の夜勤を経験して

12時間の夜勤で働いていると、仕事が終わって家に帰ると疲れて遊びにも行けません。

 

風呂に入って朝からお酒を飲んで、眠るだけといった感じで過ぎて行きます。

 

昼間働く12時間と比べると、二交代制の夜勤の12時間は精神的にも体力的にもすごく疲れます。

 

普通に夜眠る場合と夜勤で昼間眠る場合では、熟睡できる時間がかなり違う感じがするのです。

 

個人によって違うのでしょうが、やはり一週間ごとに昼と夜が逆転する仕事は、慣れる事ができませんでした。

 

それでも50代で仕事があって、お金も貯められるのですから、夜勤の仕事が嫌などと言ってられません。

 

逆に夜勤のみで仕事をして、お金を早く貯めたいと思ったほどです。

 

工場で働く二交代制の夜勤はお金が貯まる

派遣で普通に昼間働いても、ひと月生活するだけで精いっぱいでしたから、働けなることが怖くて仕方なかったのです。

 

それが、工場の二交代制の夜勤で働くようになり、貯金ができるようになってやっと精神的にも落ち着けたと思います。

 

しかし、派遣や契約社員の立場では、いつまでも働けるかもわかりません。

 

派遣や契約社員の立場で仕事をしていると、いつ契約が打ち切られるか分からないのですから、お金を稼げるうちに稼いで、貯金しておかないと不安になります。

 

親しくなった派遣や契約社員が、契約の打ち切りでやめる姿を見て、働くむなしさも感じました。

 

いつ自分が契約打ち切りになるか心配しながら、工場で働く二交代制の夜勤を経験して、働けることの有難さとお金の有難さに気づかされました。

 

工場で働くだけでなく、お金を稼げるうちに貯金をしておくことを忘れないことですね。

 

工場で働く二交代制の夜勤から日常生活への解放感

契約の打ち切りは想定していたことなので、驚くことはありませんでしたが、50歳半ばで失業すると次の仕事は見つからないものです。

 

二交代制の夜勤からやっと解放されたという、安堵感だけが救いだったかもしれません。

 

昼間中心の生活に戻って、夜勤の仕事から解放されたものの、しばらくすると仕事のない寂しさや孤独感を感じてきます。

 

50代後半からハローワークで仕事を探しても、見つかりませんでした。

 

工場で働く三交代制の夜勤などもなくなって、雇われて働く選択肢を捨ててみようと思ったのです。

 

工場で働く以外に新しい働き方があった

なぜ今まで気づかなかったのだろうと思うほど、自分がやってみたい仕事に出会ってしまいました。

 

インターネットとパソコンがあれば、自宅で仕事が作れることが分かったのです。

 

仕事がなければ自分で作ってしまえばいいという考え方になります。

 

ホームページを覚えて、自分で記事を書いてページ作りをしてサイトを作る方法です。

 

これでお金が稼げるというのですから、とことん取り組んでみました。

 

工場での12時間勤務と夜勤の経験もあったので、夜中でも12時間以上でもとことんサイト作りに没頭してみたのです。

 

雇われて働いていても不安を感じていたことを考えると、自分でお金を稼ぐことの不安も同じことでした。

 

自分を信じて一年以上サイト作りに取り組んでみたら、お金が稼げるようになってきたのです。

 

稼ぐまでにはかなりの時間がかかりますが、インターネットとパソコンを使えば、自分の力でもお金が稼げて生活できることも分かってきました。

 

ネットで稼げる可能性ではなく現実に体験して、ネットの素晴らしさに感謝しています。

 

インターネットとパソコンがあったことで、60代を生きていく自信が湧いてきたことは確かです。

 

今はクラウドソーシングという働き方もあるので、自宅で仕事も可能な時代になりました。
クラウドワークス

まずはできる所から始めるというのが、ネットでお金を稼ぐ一歩だと思います。