自由に生きる

気楽に生きることがわたしの仕事なんです

人に何と言われようと、わたしは気楽に生きる仕事をしていきます。

 

雇ってくれるところがなくなると、そういった考えにもなってくるものです。

 

気楽な仕事で気楽に生きる
もっと自由で気楽に生きよう!

 

気楽に生きたい!でも仕事がといった悩みを解決します。

 

気楽に生きるためには、何らかの仕事をしないと、お金に悩まされて心が気楽になれません。

 

ただのんびり気楽に生きるにしても、人それぞれ気楽という感じ方は違います。

 

仕事を抜きにして気楽に生きられるのなら、悩むこともありません。

 

気楽に生きることをを邪魔するのはいつも仕事とお金だ!

気楽に生きるということを考えた時、どうしてもお金の問題がでてきます。

 

その問題を解決するためにも、仕事をして収入源を作ることが必要なのです。

 

気楽に生きたい気持ちを邪魔しているとしたら、それはお金と仕事なのではないでしょうか。

 

この問題を解決できれば、仕事をしながら気楽に生きられます。

 

家で仕事をしながら、自由に気楽に生きる方法がありました。

 

その方法の一つが、インターネットとパソコンを使った仕事です。

 

インターネットとパソコンのある時代ですから、気楽な働き方ができます。

 

気楽に生きるならネットの仕事が最適!

雇われる働き方以外で収入を得たいというなら、クラウドソーシングで、仕事を探してみてはどうでしょう。
クラウドワークス

 

完全に自由を求めるなら、自分で仕事を作り出すことです。
A8.net

 

自分の心に負担がかからない仕事ができたら、気楽に生きることができます。

 

生活できるお金があってこそ、自分の心を気楽にすることができるのです。

 

気楽に生きる前に、自分の心に負担がかからない仕事を考えなければなりません。

 

家にいながらネットでお金を稼ぐ仕事をすればいいのです。

 

この方法で仕事ができ収入があれば、気楽に生きることも夢ではありません。

 

わたし自身はネットの仕事を始めてから、一年後に個人事業主として気楽に仕事を始め、気楽に生きる事ができるようになりました。

 

気楽に生きる仕事をするようになった体験

私の生き方ですから、自由で楽しくのんびり、わがままな生き方をすることにしました。

 

こういった生き方が好きと気づいたのが、失業してから数年が過ぎた58歳の頃でした。

 

その前にも何度か気楽に生きる機会もあったのですが、まだその時期じゃなかったのかも知れません。

 

何とか就職できていたので、それ程考えてもいなかったからです。

 

でも失業して再就職できないと知った時、それなら「気楽に生きることを仕事にするしかない」と思ってしまいました。

 

それでもお金がないとどうしようもないので、寝ても覚めてもお金の稼ぎ方を考えていたら見つけたのです。

 

 

気楽に生きる仕事を見つけた幸運

インターネットとパソコンを利用すると、結構できそうな気がしたので、無職の暇な時間を利用してホームページ制作を覚えました。

 

こういった気楽にできる仕事が好きなので、自分の性格にも合っていたのかも知れません。

 

自己流で覚えたのですから、専門的な知識もないまま自分のサイト作りをやってみました。

 

自分のサイトがあると、グーグルアドセンスという広告が使えて、お金を稼げると知ったので本気で取り組んでみたのです。

 

グーグルアドセンスは有名なので、サイトやブログをやっている人は知っていると思います。

 

自分で作ったサイトでお金が稼げたら、気楽に生きる仕事にもなるので結構頑張って作ってみました。

 

 

気楽に生きる仕事と道が見えてきた

半年から一年程かけて、数サイト作ってみたらお金が稼げてきたのですから、気楽に生きる夢が叶うんじゃないかと思って、どんどん記事を書いてサイト作りをしたことが功を奏したと思っています。

 

一年以上こういった好きなことで気楽に生きていたら、いつの間にか自分の仕事になっていました。

 

インターネットとパソコンを使って、ホームページ作りやブログをやってきたら、お金が稼げてしまったのですから、分からないものですね。

 

雇われているわけでもないのですから、気楽に生きることが仕事になったと言ってもいいのではないでしょうか。

 

気楽に生きられるようになってからは、時々実家での田舎暮らしもできるようになって、農業の手伝いもできるので親も喜んでいます。

 

失業して仕事もなくお金も無くなりそうになった時は、精神的にも辛く感じましたが、真剣に考えて行動すると新しい道が見つかるようです。

 

 

気楽に生きる仕事も「人間万事塞翁が馬」

ほんと人生なんて「人間万事塞翁が馬」だということを実感してしまいました。

 

失業して再就職できないことが幸いして、気楽な生き方ができたのですから。

 

でも気楽な生き方ができたからと言って、それがいつまで続くか分かりません。

 

そこで気楽な仕事が長く続くように、個人事業主の開業届を出して自営業を始めました。

 

気楽に生きるためにも、ホームページ作りを仕事にして気を引き締めています。

 

それでもネットで仕事をしながら、自力でお金を稼ぐとなると相当頑張らないとできません。

 

お金を稼ぐことって何をやっても大変ですからね。

 

お金を稼ぐ大変さも分かった上で、気楽に生きるために自分で仕事を作ってみたのです。

 

そして晴耕雨読に気楽に生きることが、仕事になってきました。

 

 

年金受給で気楽に生きることが仕事になってきた

おかげさまで今では、年金も受給できる歳になって、ブログを書きながら気楽に生きています。

 

人生とことん苦労する?というか、暇な生き方をしていると、お金も無くなって苦労するわけです。

 

50代後半で失業し60歳の時に貯金を使い果たしましたが、貯金ゼロから4年程で老後を気楽に生きる自信が出てきました。

 

なぜかというと、わたしを勇気づけてくれた言葉があったからです。

 

座右の銘として肝に銘じて、今後も取り組むことにしました。

「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」上杉鷹山

どんなことでも強い意志を持ってやれば、必ず成就するということを言っています。

 

 

「人生諦めさえしなければ何とかなる」ということを身をもって感じた次第です。

 
関連記事:
会社で働かないという生き方はできるのか
 
人は考えたとおりの人間になるを実感して分かったこと
 
 

-自由に生きる
-

© 2020 シェアじゃんblog