難しい漢字

簡単な漢字”一入”なんて読む?「一人?」じゃないよ!

一入

一入”なんて簡単な漢字だけど読めます?

「一人?」じゃないよ!

こんなに簡単な漢字なんですが、なんて読むのでしょう。

 

えっ! こんな漢字見たことない?

そうですよね。

 

普段こんな漢字使わないですからね。

この漢字が読める人は喜びもひとしおかも知れません。

 

 

”一入”「いちにゅう」「いちいり」でもない

「いち」と「にゅう」なのに”一入”となると、「いちにゅう」でもなく「いちいり」でもありません。

 

「ひとり?」を書いてみると、”一人”なので、「ひと何とか何とか」なのは間違いないと思います。

 

実際この漢字そうそう使いませんし、使うとしてもひらがなの方が伝わりそうです。

 

栃木とか群馬県に「一入」というお店があるようなので、近くにお住まいの方は、この漢字の読み方は分かると思います。

 

えっ?  一人で入れるお店?

もちろん一人でも入れますけど……。そういう意味じゃありませんよ。

 

もうもったいぶらないで教えちゃいますね。

 

”一入”と書いて「ひとしお」と読む

”一入”と書いて「ひとしお」と読みます。
 

おめでたい席などで「喜びもひとしお」という言葉は使われます。
 
 

”一再入”なんて読む?

似たような感じで”一再入”なんて漢字もあるんですね。

 

何て読むんでしょう。

「ひとしお」の後のクイズによさそうな漢字です。

 

「ふたしお」と読みます。

数回入れると「八入(やしお)」だって!

いやぁー漢字って難しいですね。

 

 

一入(ひとしお) の意味

ひと‐しお〔‐しほ〕【一▽入】 の解説
《2が原義》


ほかの場合より程度が一段と増すこと。
多く副詞的に用いる。
いっそう。ひときわ。
「苦戦の末の優勝だけに喜びも一入だ」
「懐しさが一入つのる」


染め物を染め汁の中に1回つけること。

「一再入(ふたしほ)の紅よりもなほ深し」〈太平記・三六〉

出典元:goo 国語辞書より

ブログランキングに参加しています。
こちらのブログもご覧ください。
知っていると役に立つこと
札幌・東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨・長野・新潟・愛知・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・広島・福岡にお住まいの方で買取ご希望の方
なんでも買います!【買取屋さんグループ】

-難しい漢字
-

© 2020 シェアじゃんblog