自由に生きる

自宅仕事でも活躍できる時代になった

あなたも自宅仕事で活躍できる時代がやってきました。

今の時代じゃなければ、わたしは自宅で仕事なんて絶対にできていなかったと思っています。

インターネットが普及し、パソコンで仕事ができるようになったおかげで、この歳になっても自宅でできる仕事のチャンスがまわってきたのです。

自宅仕事

 

いままでは、50代後半で失業したら必死で何かの仕事を探して、雇われた働き方をしなければなりませんでした。

 

資格も特別な技術もないと、肉体労働とか人の嫌がる仕事を無理してでもやらないと、お金が稼げないのが現実だったと思います。

 

営業の仕事ならあると言われても、コミュニケーション能力や交渉力のような経験が必要なわけです。

 

わたしは営業などやったこともないし、人前で話すことも緊張してしまうので、就職の面接も苦手ですから全く考えられない仕事でした。

 

ですから一旦失業するとなかなか就職できません。

 

最も苦手とするのが人間関係ですから、できれば仕事中は人とあまり関わらないで、黙々と自分の仕事ができるのが理想でした。

 

自宅でできる仕事があった

内向的な性格ですから、雇われた働き方が苦手なのです。

でも何とかして収入を得ないと暮らせません。

 

そういったわたしが、いま生活できているのも、ホームページやブログに出会ったからです。

 

この仕事に出会えたことで、わたしの人生も働き方も全く変わってきました。

 

自宅で黙々と取組める仕事で、ネット発信する働き方が自分の性格に合っていたからです。

 

会社で雇われる働き方が苦手でも、ひとりが強みとなって自宅で仕事ができる時代になっていました。

 

 

スポンサードリンク


 

自宅仕事でもフリーランスは難しい

フリーランスという働き方をしている人もいますが、個人で仕事したり会社を経営するような人って、人前でも堂々と話せて社交的で積極的なイメージがあります。

 

わたしの場合全く逆な性格なので、「自宅でできる仕事のやり方次第では、会社で働かなくても生きていける」ってことを伝えたいのです。

 

仕事に関してはなるべく人と話したくないから、話さなくてもお金が稼げるような仕組みを考えました。

 

フリーランスで仕事をする場合は、どうしても請け負う仕事をするために、営業したり仕事についての打ち合わせがあります。

 

仕事を受けるためには、金額ややり方なども相手次第ですし、常に次の仕事を考えなければなりません。

 

そういった働き方をする人は、内向的な性格では難しいと思うのです。

 

自由な働き方ができると言っても、誰もが自由な精神状態ではいられないでしょう。

 

お金を稼ぐことって、すごく大変なことですから、自由だけを考えてもうまくいきません。

 

自宅仕事でもクラウドソーシングならできる

フリーランスで自ら営業して仕事を取るなんて、営業力があって積極的行動のできる人でないと、難しい働き方だと思っています。

 

その点フリーランスという働き方で、自宅仕事をするならクラウドソーシングはどうでしょう。

 

自分で営業することもなく仕事を探す事ができます。

 

ネットで仕事が探せて、自宅で好きな時間に自分に合わせた働き方ができるのです。

 

会社員でも副業として取り組んでいる人もいるのですから、フリーランスなら働く時間はたっぷりあります。

 

やり方次第ではひと月生活する分位は稼げるかも知れません。

フリーランスで最も心配なのが、仕事があるかないかではないでしょうか。
お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

常に仕事があるのですから、複数の会社に登録しておけば、仕事がなくなる心配は少ないと思います。


クラウドソーシング「ランサーズ」

 

 

フリーランスとして働く場合は、毎月収入を得ることを考えなければ、仕事としても生活するにしても、つねに心配がついて回ります。

 

わたしはそういった心配や悩みを、解決できる働き方ができるようになりました。

 

自宅仕事なら完全自由な働き方がいい

 

フリーランスで仕事を受けて、生活できるとしてもいつまでも半分自由な感じからは抜け出せません。

 

わたしが取り組んだ方法なら、自由にお金を稼ぐ仕組み作りですから、自由度が違います。

 

今生活できる収入のあるうちに、お金を稼げる仕組みを作ってしまいましょう。

 

ホームページやブログを作って、記事を書いてお金を稼ぐ方法ですから、サーバー代とかドメイン代が必要ですが、お金もそれ程かかりません。

 

ワードプレスを導入して、ひたすら記事を書くだけでいいのです。

 

でもすぐに稼げる訳ではないので、時間がかかるのでほとんどの人はやったとしても、途中で諦めるでしょう。

 

でもフリーランスで生活しようと思うなら、必ず作れると思うのです。

 

やることはただ一つテーマを考えて、記事を書き続けるだけで、いずれ稼げるようになってきます。

 

自宅仕事なら次の稼ぎ方を考える

稼げた後どうするかは、自分で判断するのがフリーランスの腕の見せ所です。

 

もう一つ新しい収入源を作るとか、アフィリエイトサイトを作るとかして、お金を稼ぐ仕組みづくりを増やします。

 

そうすることで、過去に作ったページがネット資産となって、営業もしてくれてお金を稼いでくるのですから、自由な時間も増えるでしょう。

 

一年から二年もあれば、そういった仕組みがいくつか作れますから、諦めないことです。

 

わたしも諦めないで作り続けたら、お金も稼げて自由な時間が増えました。

 

自由な時間があるので、何か他のことをして新たにお金を稼ぐこともできます。

 

生活のベースとなるお金がネットで稼げるとなれば、フリーランスとして生活する自信も出てくるはずです。

 

フリーランスで生きるなら、自由な働き方ができるネットで稼ぐ仕組みを作ってみましょう。

 

新しいサイト作りや、クラウドソーシング、ブログと言ったことも安心してできます。

 

 

【編集後記】

私は60代になったので、年金もありますが年金で不足する分はネットで稼いで、暇な時間を利用してブログを始めました。

 

年金を使わなくてもネット収入のみで生活できますから、貯金もできるのです。

 

わたしはいまは稼げなくても、時間をかけて趣味と実益を兼ねたブログに育てるつもりでいます。

 

インターネットとパソコンを使って、老後も自宅仕事で老後資金を補充しながら、自由な働き方を目指すことにしました。

 

-自由に生きる

© 2020 シェアじゃんblog