自分で選んだ道が貧乏な道だったらどうしよう!?

大人になって貧乏生活をしているとしたら、なぜなんでしょう。

自分が働くために選んだ道の先がどうなっているか、考えていますか?

 

もしかしたら、貧乏になる道を自分で選んでしまっているのかも知れません。

わたしはいつの間にか、貧乏道に迷い込んでいたことに、しばらく気づけませんでした。

 

ところが失業して再就職できなかった時に気づいたのです。

働き方を間違えているんじゃないかと…。

 

自分で選んだ道が貧乏な道だったので修正した


いつも「お金がない」という状況で働いているのは、自分が貧乏道を選んでいたからでした。

 

それに気づいたので、雇われる働き方をやめて、自分で仕事を始めたのです。

 

もしかしたら、自分で仕事を始めたら、もっと貧乏になるんじゃないかと思われるかもしれません。

 

でもわたしは貧乏な生き方から抜け出したかったのです。

そしてその方法も見つけました。

 

 

自分で選んだ道は不労所得的収入源を作れる働き方

自分でお金を稼ぐことです。

ただ働いて稼ぐようなことでは体力ばかり使って、いつまで経っても貧乏から抜け出せません。

 

そういった働き方ではなく、今は稼げなくても将来に資産となるような方法があったのです。

 

分かりやすく言うと「不労所得的収入源を作る」ということになります。

 

わたしの場合はホームページやブログを作って、広告収入やアフィリエイト収入を得るという方法でした。

 

こういった、不労所得的収入源を作った後で、雇われる働き方をしてもいいと思うのです。

 

いつ稼げるかどうかも分からないようなことを、仕事を辞めてやってしまうと貧乏生活になってしまいます。

 

ですから、仕事をして収入を得ながら、こういった不労所得的収入源となるサイトを作ればいいのです。

 

 

自分で稼ぐ道を作っておくと自由になれる

わたしは再就職できなくて、暇と時間がたっぷりあったので、一年間引きこもってサイト作りに没頭しました。

 

その間の生活費はどうしたかというと、貯金を取り崩した生活です。

 

失業する前は派遣の仕事で12時間の二交代で働いていたので、多少貯金があったことが幸いしました。

 

どうしてもお金がないと、働いて使って働くの繰り返しです。

 

そういった生活をしていて、もし、失業でもしたら貧乏から抜け出せません。

わたしは現実に、派遣切りで職を失ったのでよく分かります。

 

すぐに次の仕事が見つかればいいのですが、簡単に見つかりません。

 

でも、自分で稼げる方法を見つけました。

 

貧乏な働き方から抜け出す方法があった時は、本気でやらないとダメなのです。

 

人生でこれでもかというくらい超本気で、サイト作りをしたら稼げるようになってきました。

 

 

自分で稼ぐ道を作ったら衣食住には困らない

過去に作ったサイトが、24時間集客して稼いでくれるので、まさに不労収入です。

 

自分が働かなくてもお金が入るのですから、更にサイト作りを継続したら、生活できるようになって衣食住には困らなくなりました。

 

自由な時間も増えて、こうしてブログを書いている時間もあります。

 

こういった状況を作り出すことで、自分が自由な状態ですから、働きに出たければ出てもいいわけです。

 

わたしは一人暮らしですから、雇われる働き方をせずに、個人事業主として開業し、ネットの仕事を本業にする自営業を始めしました。

 

自分で選んだ道で、もう6年も自由な生き方ができているので、わたしにあっている道だと思っています。

 

 

自分で選んだ道まとめ

自分で稼ぐ力を身につけること、しかも不労収入みたいな感じになると、時間が倍以上に有効に使えます。

 

サイト作りの場合、初期費用がほとんどかからないので、不労所得的収入源を作るには最適な方法です。

 

でも、あなたの道はあなたが決めることですから、無理におすすめはしません。

 

サイトを作ってお金が稼げるよ!なんて言うと、不審に思われたり、稼げるなら自分でやればなんて言われそうなので、自分でこっそりやっています。

 

わたしにとっては、インターネットとパソコンを使ってのサイト作りが、貧乏から抜け出す道だったみたいです。

 
こんな方法もあります。
家にいてネットでお金を稼ぐ安全な方法があった!

 

最新情報をチェックしよう!