自分は何の仕事がしたいのか分からない時に出会った方法

失業して再就職もできないまま無職生活が長引くと、自分は何の仕事がしたいのか分からない状態になってしまいます。

 

そして、お金の問題が絡んでくると精神的にもつらくなるのです。

失業し再就職の難しさを知っても、何もしないわけにはいきません。

 

これからどうしようと何か解決策を探すと思います。

ホームページ作りやブログなどに興味があったら読んでみてください。

 

自分は何の仕事がしたいのか分からない時の、一つの解決方法になるかも知れません。

自分は何の仕事がしたいのか分からない時の一つの方法

自分に合っているお金の稼ぎ方を探すのは結構大変ですが、Google AdSenseを利用する方法はどうでしょう。

 

Google AdSenseと言われても、ほとんどの方は知らないと思います。

Google AdSenseページ←こちらです。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)で稼ぐとはどういうことなのかは、こちらのページをご覧ください。

興味や経験のあることを仕事にする

わたしは元印刷関連の仕事をしていたこともあって、雑誌作りやホームページ作りにも興味がありました。

 

雑誌やホームページなどに広告が使われることも知っています。

 

雑誌やホームページなどはデザイン会社が仕事や広告を受注し、雑誌やホームページのデザインをして制作するのです。

 

そう言った仕事を近くで見ていただけですから、個人でやる仕事としては考えていませんでした。

 

ところが、Google AdSenseサイトを見てみたら、サイトがあるなら収益化できるということが書いてあったのです。

 

個人でもビジネスとして取組めることも、アドセンスサイトの「成功事例」をみて分かりました。

 

この時から自分でホームページを作って、ビジネスとしてできると分かったのです。

 

 

スポンサー リンク

自分は何の仕事がしたいのかが分かると本気になれる

わたしは趣味のホームページ作りから、ビジネスとして本気でホームページ作りに挑戦しました。

 

サイトのテーマを探して、コツコツ記事を書いて投稿するだけです。

 

サイトを作ったからと言って、すぐに稼げるわけではありません。

半年くらいサイト作りをしていると、少しづつ集客ができるようになります。

 

アドセンス審査を受けて広告が載せられるサイトなら、少しづつ収益が発生する可能性がでてくるのです。

1年続けられるとアドセンスで稼げる感覚も分かってくると思います。

 

関連記事:

シェアじゃんblogホームへ戻る

スポンサー リンク
最新情報をチェックしよう!