自由に生きる

田舎暮らしでのんびり稼ぐことだってできる

いつも田舎暮らしをしているわけでもなく、時々実家の農業の手伝いもかねて、毎月10日間ほど田舎暮らしをしています。

 

そういった生活ができるのも、インターネットとパソコンがあるからです。

 

ネットにつながる環境さえあれば、田舎暮らしに限らずどこでも仕事が出来てしまうのですから、いい時代になったと思います。

 

そういうネット環境があるからこそ、田舎暮らしをしながらでも、のんびりお金を稼げるようになりました。

田舎に移住しようとしても仕事がなかったら、お金を稼ぐ方法を考えなければいけません。

でも、田舎に移住して仕事を探しても簡単にいい仕事が見つかるわけではありませんから、やみくもに移住するわけにもいかないと思うのです。

 

もし、パソコンでお金が稼げるとしたら、どこに移住しても田舎暮らしを始めたとしても、お金の問題は解決できます。

 

そうはいっても家庭を持っていたりすると、ネットでお金を稼ぐといっても容易なことではありません。

 

それでも比較的に簡単にできる方法が、クラウドソーシングという働き方です。

クラウドソーシングという働き方と、田舎暮らしに役に立つ、より自由度のある働き方などについて書いてみました。

 

 

田舎暮らしでもどこでも稼ぐことができる働き方があった

ネット環境とパソコンがあれば、どこでも仕事をすることが可能ですから、自分にできる仕事があるかどうか見てみるといいと思います。

 

ネットの仕事はあっても、自分で行動しなければ仕事を受けることはできませんから、消極的に待っていてもお金は稼げません。

 

仕事はあるのですから、自分の出来そうな仕事を積極的に探して、とにかくやってみるという人には向いている働き方です。

クラウドワークス

田舎暮らしをしながらパソコンを使って稼ぐ方法としては、取り組みやすい方法がクラウドソーシングだと思っています。

 

 

田舎暮らしでもっと自由に稼ぐ方法

こういったクラウドソーシングを利用した方法でお金を稼げないようだと、自分でサイトを作って広告や商品を紹介してお金を稼ぐというやりかたで、収入を得ることは難しくなります。

 

家庭を持っている人には難しい方法ですので、一人暮らしとか今失業中といった人が取り組むには夢のある稼ぎ方なのです。

 

一人暮らし等で比較的時間も自由になるというなら、もっと自由なお金の稼ぎ方もあるのですが、お金を稼ぐまでに時間がかかるので、ほとんどの人はやったとしても途中で諦めてしまうでしょう。

 

ネットで稼ぐということができれば、田舎暮らしをするのには最適なのですが、簡単ではないというところが、誰にでもお勧めできない所です。

 

クラウドソーシングなどでお金が稼げる人の場合だと、自分でサイトを作ってお金を稼ぐこともやればできるかも知れません。

 

実際わたしもクラウドソーシング以外の方法でも、ネットで稼げるようになったので、田舎暮らしをしながらのんびりお金を稼いで生活しています。

 

のんびり仕事が出来るようになるまでが凄く大変なのですが、頑張り切れると後が凄く楽になります。

 

ホームページやブログを書ける人なら、早いうちからコツコツ記事を書いてサイト作りをしておくと、結果的に数年後からのんびり取り組めるのがネットの良い所です。

 

その最初の段階というのは、誰でもつらく感じるものですから、誰でもはできないといった作業になります。

 

 

田舎暮らしで稼ぐ努力も正しい方法が必要

「努力は裏切らない」といっても、正しい方法で記事を書いてページ作りをしなければ、努力は無駄になってしまうかもしれません。

 

わたしの場合は、自分でホームページを作って広告や商品を紹介する方法で収入を得ていますが、およそ一年くらいは無収入を覚悟してサイト作りをしてきました。

 

家庭を持っていると、いつ稼げるか分からない方法をやるにしても理解してもらうのは大変です。

 

ネットで稼ごうとしても稼げない人が大半なのですから、相当な覚悟をもってやらないと無駄骨で終わるかもしれません。

 

わたしの場合は一人暮らしでもあり十分な時間を使うことが幸いして、結果的にお金が稼げるようになったので、田舎暮らしをしながら、また新しいサイト作りをして土台作りをしています。

 

今でも自分でテーマを考えて、半年後や一年後にお金が稼げるように作っているのです。

ですからクラウドソーシングのように、働いたら収入になるというものではありません。

 

田舎暮らしで稼ぐためにまず結果を作る

稼げるかどうかもはっきりしないまま、様々なテーマでサイト作りをしてきました。

 

稼げないページが大半でしたが、その中に稼げるページが少しでもあったら、そのテーマで新たにページ作りをするということを繰り返し、徐々に稼げるページを増やしていたら、稼げるようになった感じです。

 

 

でもこのようなやり方は時間の無駄ですが、収入が得られるようになれば自由度の高い働き方ができます。

 

それでもより短い期間で稼げるようになるためには、テーマや記事の書き方、タイトルとか見出しの書き方といったことも考慮しないと検索されるようになりません。

 

ネットで検索すれば記事の書き方などについても分かりますので、正しい方法を調べるというのも大切です。

 

ただやみくもに記事を書いて努力しても検索されない記事では、骨折り損で終わって稼げない結果になってしまいます。

 

田舎暮らしで稼ぐならまずはクラウドソーシングで始める

一般的にはクラウドソーシングで記事を書けば、お金になりますが、自分のために書いた記事ではいつお金になるか分からないので、ブログやホームページを始める人は少ないかもしれません。

 

でも、いまではなく数年先に自由な働き方を求めている人なら、コツコツ自分のために記事を書き続けることで、いずれ田舎暮らしでのんびり稼ぐなんてこともできそうです。

 

今生活するためのお金を稼ぎながら、もう一方で自分のための収入源サイトを作り続けた先に、自由な田舎暮らしや自由な働き方が見えてくると思っています。

 

家庭を持っていると家族の理解も必要ですし、インターネットとパソコンがあっても、お金を稼ぐとなると大変なことなのです。

 

ですから、田舎暮らしをしながらでもお金が稼げるとなると、クラウドソーシングという働き方が最適な方法でしょう。

-自由に生きる

© 2020 シェアじゃんblog