新NISAを始めてから一か月後の資産はどうなった!

新NISAを始めてから一か月後の資産はどうなったと思いますか。

毎月の積立額は20,000円なので、資産を気にするほどでもないのですが……。

新NISA一か月後の資産は?

話題の新NISAですが、あなたは始めているでしょうか。

実際につみたて投資を始めると、今後どうなるのか気になると思います。

新NISAを始めてから一か月後の資産はどうなったのか参考にしてください。

2024年4月8日に新NISAを始めてから一か月が過ぎました。

新NISAの場合は、長期・積立・分散が基本なので、日々の変動に一喜一憂する必要もありませんが、やっぱり最初は誰でも気になるものです。

そこで、毎月2万円の積み立てを始めた、「わたしの新NISA一か月後の資産」について紹介します。

私は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選んでみました。

新NISA一か月後の資産はプラス310円でした。

新NISAを始めてから一か月後の資産は、20,000円が20,310円になっています。

そして、この一か月間の資産の増減はどうだったのかも気になるところです。

新NISA一か月間の資産増減グラフ

そこで、20,000円がどう増減したのか。2024年4月9日~5月8日までの資産増減についてグラフにしてみました。

日々の増減を気にして一喜一憂していると、精神的にもよくないので私の一か月間の資産の増減を参考にしてください。。

とりあえず、元本の20,000円が最も減少したのは4月22日の-598円で、5月8日には+310円といった感じです。

2回目のつみたて投資で元本40,000円になった

5月5日には2回目のつみたてとして20,000円が追加され、累計元本40,310円で再スタートしました。

投資は自己責任なので、それを理解したうえで始めています。

新NISA制度のおさらいと長期積立による効果的運用

2024年1月に生まれ変わった「NISA(少額投資非課税制度)」は、投資で得た利益が非課税になる、大変魅力的な制度です。

新NISA制度のポイント

新NISAの主なポイントは以下の通りです。

非課税保有期間が無期限化:いつ売却しても利益が非課税

口座開設期間が恒久化:いつでも好きなタイミングで口座開設可能

「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の併用が可能:分散投資に最適

年間投資枠
成長投資枠:240万円
つみたて投資枠:120万円

非課税保有限度額:全体で1800万円
成長投資枠:1200万円(枠の再利用可能)

新NISAのメリット

新NISA制度の最大のメリットは、投資で得た利益が非課税になることです。

例えば、10万円の利益を得た場合、通常だと約2万円の税金が課税されますが、新NISAを利用すれば丸々10万円を受け取ることができます。

つまり、従来の課税制度と比べて、約20%の運用益を手元に残せる可能性があるということです。

新NISA一か月後の資産【まとめ】

新NISA一か月後の資産はプラス310円でした。

新NISA制度は、投資で得た利益が非課税になる、大変魅力的な制度です。

長期で積立投資を行うことで、より大きな効果を発揮することができます。

収入に関係なく、毎月無理のない範囲で積み立てていくことで、将来に向けて着実に資産を増やしていきましょう。

というわけで、新NISAでつみたて投資を始めてから一か月後の資産を紹介しました。

関連記事:
【貯金断捨離で未来投資!】インフレ時代の新NISA活用術

シェアじゃんblogホームへ戻る

新NISAを始めて10日後の現実とつみたて投資枠ファンドの特長とリスク

スポンサー リンク
最新情報をチェックしよう!

    新NISA関連の最新記事8件