雇われない雇わない働き方で住む場所に関係なく稼ぐ生き方

シェアじゃんblogの管理人は「雇われない・雇わない・仕事は受けない」そして「住む場所に関係なく稼ぐ」という生き方を始めてから10年以上になる。

 

「雇われない雇わない働き方」と聞いてどんなイメージを持つだろうか?フリーランス的な働き方あるいは自営業で仕事をしている人のイメージかも知れない。雇われない雇わないは新しい働き方になる。

本記事では、雇われない雇わない働き方で、住む場所に関係なく稼ぐ生き方についてまとめた。

 

雇われない雇わないという働き方


雇われないという働き方をする場合、もちろん一人で仕事をしてお金を稼ぐのだが、人それぞれ様々な考えで始めたと思う。

 

わたし自身は雇われないで独りで仕事をしているので、人を雇わない働き方をしている。

雇われない働き方で最大の悩みは、安定した収入を得られるかどうかではないだろうか。

 

雇われない働き方の場合は、仕事を受けてその対価として収入を得ることになる。

そうなると次の仕事はあるのか?とか、継続した働き方ができるだろうかという悩みが出てくる。

 

雇われない雇わないという働き方はできても、常に収入面での不安が付きまとうかも知れない。

そこで「雇われない・雇わない」さらに「仕事は受けない」という生き方をしたらどうなるかを考えてみた。

起業したいけどアイデアがない場合に参考になる稼ぎ方

 

雇われない仕事は受けないという働き方

仕事を受けて収入を得ていると、自分時間をコントロールする働き方が難しくなってしまう。

そういった働き方ではなく、仕事は受けないで自分で作るという考え方もできる。

 

雇われないし仕事は受けないのだから当然人を雇うこともないが、そう言った働き方ができるのだろうかと思うだろう。

 

自分で仕事を作れる時代と言われているので、方法がないわけではない。

 

インターネット環境が整った今なら、パソコンを使う働き方ができるので、住む場所に関係なく稼ぐ生き方も可能なのだ。

 

誰でもできる方法ではないが、パソコンが得意な人や過去にWEB関連の仕事をした経験があるならチャンスだと思う。

 

わたしは「雇われない・雇わない・仕事は受けない」という生き方をしている。

 

雇われない働き方を生半可な気持ちでやっては、続かないし時間を無駄にするだけなので甘く見てはいけない。

スポンサー リンク

自分で仕事を作って稼ぐ方法とは

自分で仕事を作れる時代とも言われているが、あなたは何か作れるだろうか?作れたとして継続して稼ぐことができるのか。

 

この記事では、今の時代に最適なパソコンを使って仕事を作る考え方や方法を紹介しようと思う。

 

なぜかというと、わたし自身は自分で仕事を作る方法が分かって、小さいながらも自力で稼いで生活できているからだ。

 

その経験から自分で仕事を作る方法として、今の時代にマッチしたパソコンは最強の道具になっている。

 

アフィリエイトサイトで稼ぐ仕組みを作ってみた結果

今はインターネット環境が整っているので、パソコンを使って自分で仕事を作ることもできる時代なのだ。

 

ただ自分で仕事を作る事ができても、継続して稼げる仕事でないと、先々になって行き詰ってしまう。

 

自分で仕事を作る時代になっても、継続して稼ぐことを考慮して仕事作りをしなければならない。

 

雇われないで仕事を作る働き方

わたしが自分で仕事を作っている方法は、ホームページを作って「人の役に立つことや悩みを解決したりする記事、興味関心のある記事を書いて投稿する」それが仕事になっている。

 

自分で仕事を作ってどうやって稼ぐのかというと、グーグルアドセンス広告やアフィリエイトで稼ぐという方法だ。

 

ホームページやブログを使って記事を書いて投稿することが、自分で仕事を作る方法となる。

 

この方法なら自分でテーマを考えて記事を書いて仕事を作ることができるので、時代にマッチした稼ぎ方だと思う。

 

記事を書いて情報発信する仕事も10年以上続いているので、雇われる働き方からは解放された気持ちでいる。

 

自分で記事を書いて仕事を作るので、場所も時間も住む場所に関係ない働き方ができるので、生き方としては極めて自由なのである。

40代や50代から副業や本業でWebデザインをやって稼げますか?

雇われない働き方で継続して稼ぐことは簡単ではない

クラウドソーシングなどで雇われない働き方で、働く場所や時間も自由なのだが、仕事をやめると稼げなくなってしまうという問題がある。

 

では継続して稼ぐにはどうすればいいのかと考えた時、自分で記事を書いて情報発信したほうが、後々の自分のために生きてくる。

 

ホームページやブログを作って記事を書くなら、数年先を見据えた時、人の役に立つことや悩みを解決したりする記事、興味関心のある記事を書いて投稿することで、「書けば書くほど自分が楽になる可能性」がある。

 

半年、一年くらい無収入でも我慢して記事を書いて投稿し、耐え抜いた先に新しいお金の稼ぎ方があった。

 

過去に作ったページが次第に検索されて、24時間365日ネット上で集客してくれるようになれば、継続性のある稼ぎ方ができるようになる。

 

「結果は後からついてくる」「継続は力なり」という言葉があるように、とことんやってみないと分からないだろう。

 

雇われない働き方でお金を稼ぐのは大変だ!

いつ稼げるかも分からないのに、記事を書いて投稿するだけなんて、耐えられないかも知れない。

 

ただの日記みたいな記事なら続けられそうだが、人の役に立つ情報や悩みを解決する記事などを書いて投稿するというのはかなり大変だ。

 

何度も挫折しながら、またしばらくして記事を書くことを繰り返ながら、記事を書くことに慣れないと続けられない。

 

自分で仕事を作れる時代だとしても、記事を書いたりすることはもちろん、お金を稼ぐのはもっと大変なことなのだ!

 

雇われない働き方でお金を稼ぐ方法

自分で仕事を作った後にどうすれば、お金が稼げるのかについて。

 

ホームページやブログなどを利用して仕事を作る場合は、人を集客する事ができなければ、お金は稼げない。

 

ホームページやブログを書いてお金を稼ぐためには、広告や企業の商品を紹介して購入してもらうという方法がある。

 

それが「グーグルアドセンス広告」であったり「アフィリエイト」になる。

 

今ではわたしもサイト作りにも慣れたので、見本でこんな感じの『もじいちばん』サイトを作ることもできるようになった。

 

こういった感じでサイトを作り、半年以上記事投稿を繰り返していると、徐々に記事を読んでくれる人が増えてくる。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)で稼ぐとは成果型アフィリエイトについてなどのページが参考になる。

 

雇われない働き方は自分で仕事を作り継続するだけ

自分でサイトを作り、テーマを考えて記事を書くことを繰り返すことで、自分で仕事を作ることができる。

 

それを二年、三年と繰り返すことで、過去に書いた記事やサイトが24時間365日、自分に代わって集客して稼いでくれる。

 

さらに四年、五年と継続していると、自分で仕事を作ることにも慣れて、安定して稼げるようになり、雇われる働き方から解放され住む場所に関係なく稼ぐ生き方ができる。

 

過ぎてみると三年なんてあっという間だから、まずは一年くらいじっと辛抱して、とことん記事を書いて投稿することだ。

 

かといって必ず稼げるという保証がないのも、自分で仕事を作る難しさではある。

 

雇われない働き方まとめ

ホームページやブログを使って記事を書いて投稿することが、自分で仕事を作る方法である。

 

自分で仕事を作れる時代になって「グーグルアドセンス広告」や「アフィリエイト」で、収入を得ることができるようになった。

 

いつ稼げるか分からないところが、自分で仕事を作る難しさであり、継続して稼ぐことはさらに難しい。

 

雇われない働き方をするならテーマ選びが大切で、日記みたいな記事を書いていては、時間を無駄にするだけでいつまで経っても稼げない。

関連記事:

シェアじゃんblogホームへ戻る

スポンサー リンク
最新情報をチェックしよう!