がんばる

がんばることに敏感になったら読んでみて!

がんばることで余裕ができる!がんばらないのはそれからだ!

  1. 「がんばる」「がんばらない」の言葉で悩んでいませんか?
  2. 実は、この記事で紹介する『がんばる』意味が分かると、がんばらない生き方ができます。
  3. なぜなら、わたしが実際にがんばってみたら、がんばらない生き方ができるようになったからです。
  4. この記事では、がんばるやがんばらないの意味を考えています。
  5. この記事を読んだら、これからのがんばる考え方も変わるでしょう。

がんばる

今日もがんばるなら、ある一定期間だけ、がんばって、がんばってみる。

そういったがんばり方の先に、がんばらない生き方が待っていますね。

がんばるのは決して悪いことではありません。

がんばる方法を間違えて、がんばってはいけないということに気づいてしまいました。

 

 

「がんばらない」を真に受けると苦労する

わたしは「がんばるな」とか「がんばらなくていい」などの言葉を真に受けて、がんばらない生き方をしていたら、途中で解雇されてしまいました。

 

がんばらなかったことで、とんでもない苦労を体験したので、がんばる考え方を変えてみたのです。

 

再就職はできないし貯金はなくなり、貧乏の怖さを思い知りました。

 

その時から、がんばった方がよっぽどいいと思うようになって、数年間必死でがんばってみたら、今では自由にがんばらない生き方ができています。

 

やはりがんばる時はがんばる考え方をしないと、生きるための余裕ができません。

 

この場合の余裕というのは、お金を稼ぐ働き方のことです。

 

日常の生活などでがんばると精神的な余裕がなくなりますが、そういったがんばりなら無理することはありません。

 

しかし、仕事をしてお金を稼ぐためには、がんばらないと生活の余裕がなくなってしまいます。

 

そういった意味でも、お金を稼ぐために一定期間はがんばって、とことんがんばってみることです。

 

 

スポンサーリンク



 

やみくもにがんばるならがんばらない方がいい

ただやみくもにがんばっても、精神的に疲れるだけなので、長続きしません。

 

同じがんばるなら、会社のために必死で頑張るのではなく、自分のために必死でがんばればいいのです。

 

がんばればがんばるほど、自分が楽になる方法なら、がんばりがいもあるでしょう。

 

お金がない場合、がんばらないとどうにもなりません。

 

がんばることで余裕ができることも分かりました。

 

まずは一定期間とことんがんばっていると、後からがんばらない生き方が、付録のように付いてくるのです!

 

 

がんばればがんばる程に自分が楽になる方法

わたしはがんばらないでいたら、仕事も見つからなくて再就職もできませんでした。

 

そこで、「がんばらないとダメだな」と思って、自分のために一年以上必死でがんばってみたのです。

 

どのくらいがんばったかというと、寝て食べる以外の一日の大半を、パソコンの作業にぶつけてみました。

 

内容としてはホームページ作りで、趣味で書いているブログとは全く違います。

 

お金を稼ぐためにコツコツ記事を書いて、自分用のサイト作りをしてみました。

 

仕事もなくお金の無くなるのが心配で、必死で寝る間も惜しんでがんばってみたのです。

 

するとどうでしょう。

 

がんばれば後から頑張らなくていい自由がついてくる

一年が過ぎたころから、自力でお金が稼げるようになってきました。

 

「これは楽しい!」と思えたので、さらにがんばって記事を書き続けたら、家賃代も稼げて生活できるようになってきたのです。

 

こうなると、もう雇われて働く必要もないので、その後は「がんばらない生き方」をしています。

 

人生の中のわずか1、2年の期間を必死で頑張ってみたら、生活も精神的にも余裕が出てきました。

 

がんばればがんばるほど、自分が余裕になれるがんばり方をしないとダメです!

 

一定期間目標を持って、自分のためにがんばると余裕ができます。

 

がんばり方を誤ると、逆効果になるので注意しましょう。

 

例えば、会社で働いている場合は、自分から仕事を増やしてはいけません。

 

給料は同じなのですから、会社の仕事で疲れてしまったら、自分時間が楽しくなくなります。

 

生活する分の働き方をしたら、あとは自分を楽にするためにがんばることです。

 

同じがんばるなら、そのがんばりが自分のための余裕となって、周りにもやさしくできるようながんばり方をしてください。

 

こんな記事もあります。
働き方の順番を間違えると生き方で苦労するって知ってますか?

 

ガンバまとめ

がんばることで、自分が余裕になれるがんばり方でがんばること。

 

自分にも周りにもやさしくできるように、一定期間目標を持ってがんばりましょう。

 

あなたが「がんばる」に敏感なら、がんばらない方がいいです。がんばると精神的に余裕がなくなりますから。

 

わたしの場合は、逆みたいで「がんばれ!もっとガンバレ!」と言われると、木に登ってしまうかも知れません。

 

「ガンバって」なんて、「おはよう」とか「こんにちは」程度の、軽いあいさつ代わりなのだと思っています。

 

「それじゃ、がんばって!」

自由な時間を増やす方法は働く時間を減らすのが一番効果あり!

がんばる
最新情報をチェックしよう!