老後資金

貯金ゼロ独身のわたしはこうして60歳過ぎてビンボーを脱出!

貯金なんて失業してしまうといずれなくなってしまうものです。

55歳で失業してからは、再就職もできずに老後に必要な資金などの心配をしながら、60歳で貯金ゼロになってしまいました。

60歳過ぎの独身が貯金ゼロでは、老後を生きるなんてできるわけがありません。

そこで60歳からは自分で稼いでビンボーを脱出しようと思ったのです。

会社に雇ってもらえないようなわたしが、60歳からどのようにしてお金を稼いでビンボーを脱出したのかについて書いてみました。

独身貯金ゼロでも諦めなかったらビンボーを脱出できたという話です。

貯金ゼロ独身で60歳過ぎてからビンボー脱出はできるのか

無職状態で平均貯蓄額や老後に必要な資金などを聞いても、不安になるばかりで役に立つ情報でもありません。

しかし、老後を生きるための目安として調べてみました。

人それぞれ生活条件も違うので、自分に合った老後に必要な資金を考えてみます。

賃貸暮らしですと家賃が必要となるのですが、独身の1人暮らしなら月15万円もあれば、結構生活はできると思うのです。

 

この15万円が生涯必要となったら、貯金ゼロでは毎月稼ぎ続けなければなりません。

60代は働けても70代以降をどうするかというビンボーを脱出する問題が残ります。

でも60歳から65歳まで働くと年金がもらえますから、まずは一安心と思ったら、年金だけでは暮らせません。

 

一般的に5、6万円は不足するというのです。

わたしも年金が月9万円程ですから、6万円不足します。

貯金ゼロ独身でこの6万円の不足分を生涯稼ぎ続ける方法はあるのか。

そして老後のためにビンボーを脱出して貯金をする方法を真剣に考えてみました。

 

貯金ゼロ独身で60歳過ぎてから本気になった

60歳貯金ゼロで独身ですから、老後に向けて本気に生きる条件は揃いました。

人生もお金も暮らしも崖っぷちとなると、本気度が違ってきます。

 

わたしの心の中にこんな本気が潜んでいたなんて、いま思えばもっと若いうちに本気になってみたかった思いです。

ビンボーを脱出するしかない
・60歳独身で老後を生きる
・貯金ゼロ
・借金返済
・年金9万円
・不足分6万円
・毎月15万円で生活
・65歳以降の不安
・老後資金を貯める

不安な条件を払拭して、ビンボー脱出方法を真剣に考えてみました。

 

貯金ゼロならインターネットにパソコン

わたしにあるのは趣味のためのインターネットにパソコン一台だけです。

 

借金しても続けていたインターネットとパソコンですから、解約とかパソコンを手放すなどは考えたこともありません。

 

これだけで何ができるのかを調べてみたら、ネットでお金を稼げるという情報がありました。

 

貯金ゼロならインターネットにパソコンを使って、お金をかけないでお金を稼ぐ方法がいいのです。

 

貯金ゼロ独身で老後に稼ぎ続ける方法があった!

全ては年金受給後の不足分を稼ぎ続ける方法の一点に絞って調べてみたのです。

そういった都合のいい方法がありました!

インターネットにパソコンを利用して、ホームページやブログを使って収益を得る方法があったのです。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense ? Google
自分の「好き」を収益に。AdSense でウェブサイトやコンテンツを収益化する方法を学びましょう。

このサイトを見てから、わたしの働き方の考え方が変わりました。

この方法なら間違いなく生涯稼ぎ続ける可能性があると確信したのです。
 

 

スポンサードリンク


 
 

独身で貯金ゼロ脱出作戦を始める

50代も後半を過ぎてから、働き方を間違えたことに気づいたのです。

自分の生きる道は自分の力でお金を稼ぐことだと分かりました。

 

これこそが「すべての不安な条件を払拭して生きる方法」と確信して取り組んでみたのです。

「絶対にネットでお金を稼ぐ」ことを脳に伝えて、脳を本気モードにしました。

 

自分の力でお金を稼ぐのですから、本気の上に信念まで必要なことは分かっています。

 

グーグルという知名度のある広告が、自分のサイトで使えるのですから、やりがいを感じてきました。

 

ホームページ作りのソフトを購入して、自力で覚えてみたら今のソフトはすごく良くできていますね。

操作を覚えるだけで簡単にページが作れてしまうのですから、作ることが楽しくなってきました。

 

楽しいと思えることが自分に向いていると思うのです。

楽しいとか好きな仕事というのが、仕事には大切なことではないでしょうか。

サイトの審査にも通って広告が使えるようになり、いよいよ本格的に記事を書いてページ作りを始めました。

 

貯金ゼロ独身ビンボー脱出成功の兆し

毎日記事を書いてはページを作り、広告を載せての繰り返しです。

いつ稼げるのかもわからないままに、集客できる日を目指してひたすらページ作りをしてきました。

 

記事を書く辛さと継続する難しさに、心が折れそうになることが何度もあります。

でも、脳が諦めないのです。

ですから、ただひたすら記事を書いてページ作りを繰り返していました。

 

するとどうでしょう。

少しずつ確実に「チャリン」「チャリン」と音がしてきました。

わずかでもお金が稼げる兆しを感じると、モチベーションは上がります。

このまま続ければ間違いなく稼げると思えてきたころ、貯金ゼロの現実を体験したのです。

 

60歳貯金ゼロ独身ビンボーの現実

ネットで稼げそうな兆しが見えてきた60歳半ばで、とうとう貯金ゼロの日が来ました。

あと数か月で厚生年金も入るしと思っていたのですが、さすがに貯金ゼロでは生活できませんから借金しか方法がありません。

 

確実にネットで稼げると分かれば、借金もそれ程不安ではなかったのですが、返せるあてのない借金は怖いですね。

 

家賃以外は節約に節約をして、年金に頼るだけでした。

ところが実際に厚生年金の手続きをしてみたら、月四万円程ですから困るわけです。

家賃代を払ったら手元にまったく残りません。

 

そこで年金の手続きの時に、国民年金を4年繰り上げ受給して計算してもらったら9万円程になったので、手続きを済ませました。

年金が9万円あると助かりますね。

 

でも借金の返済がありますから、返してはまた借りることになりますが、生活は何とかできました。

60歳貯金ゼロ独身ビンボーの現実は惨めなものです。

 

しかし、年金が入ったことでモチベーションがアップしてきました。

すると、待ちに待ったネット報酬が振り込まれてきました。

 

60歳貯金ゼロ独身ビンボーから平穏な日々

61歳で年金9万円とネット収入によって、なんとか借金を返済し60歳貯金ゼロ独身ビンボーから平穏な日々がやってきました。

 

普通の生活ができるありがたさが身に沁みてきますね。

普通に生活できることに幸せを感じました。

 

やはり、月15万円もあると普通に生活できるので、ネットの仕事にも余裕を持って取り組めるようになったのです。

 

ネットでお金が稼げると分かったので、相変わらず記事を書いてはページ作りをして、65歳以降を見据えてみました。

 

ネットという世界は集客できると、お金が稼げるようです。

 

貯金ゼロ独身ビンボーから脱出できそう

62歳になるとネットで稼ぐ土台ができてきたので、個人事業主の開業届を出して自営業を始めてみました。

 

年金9万円プラス6万円の壁を破って、ネット収入のみで生活できるようになり、貯金ゼロ独身ビンボーから脱出できそうな感じです。

 

それでもネットの仕事は不安定ですから、常に新しい収入源を考えなければならないと思っています。

 

今のところは60歳の頃に作ったページが集客してお金を稼いでくれていますので、時間的にも余裕ができて老後資金も徐々に貯まってきました。

 

会社で働かなくても自宅でお金が稼げるのですから、インターネットとパソコンは凄いと思っています。

 

まだお金にならないこのブログを書いていられるのも、ネット収入のあるおかげです。

 

今はまだお金にならないことを、根気よく続けることがネットで稼ぐコツかも知れません。

 

※ネットの仕事は難しいし稼げる保証などできませんので、取組む勇気のある人はくれぐれも自己責任で取り組んでください。

関連記事:
自由に生きた結果自分の力でお金を稼ぐ能力を身に付けた!

自由に生きた結果自分の力でお金を稼ぐ能力を身に付けた!

【編集後記】

ネットで稼げると言ってもすぐに稼げる訳ではありませんから、誰でもできるという方法ではないのです。

60代から始めるのには体力と気力が充実していないと、難しいでしょう。

 

60代なら働いて貯金しておくという方法が最も手堅いと思います。

 

いまは60歳からでも希望すれば65歳まで働く事ができますし、老後資金を使い果たしてしまう可能性は低いでしょう。

 

いずれ70歳まで働けるようになるでしょうから、年金プラス貯金を考えた方が無難ですね。

 

 

働き方、生き方、考え方を間違えるととんでもなく苦労して、無駄な時間を過ごしてしまいます。

それも人生と言ってしまえば、過ぎた話で終わってしまうのかも知れません。

老後は普通に暮らせることが一番だと思っています。

 

-老後資金

© 2020 シェアじゃんblog