雪印「6Pチーズ」をロクピーチーズと読まない衝撃!

「6Pチーズ」をロクピーチーズと読まない?

わたしの中でチーズといえば「6Pチーズ」が好きです。

もう何年も食べているのに、まさかの数十年の不覚でした。

 

ずっと「ろくぴーチーズ」と間違えて読んでいたなんて…、もう頭の中の6Pが溶け出して崩れていきました。

 

思わず6Pチーズのパッケージをガン見して、目が点になってしまうほどの衝撃です。

最近老眼のせいか箱をちょっと遠ざけないと、よく見えません。

『ロッピーチーズ』!!!

脳みそに強烈な刺激が走ってロクピーチーズから一瞬で『ロッピーチーズ』に上書き記憶されたのです。

 

もう6Pチーズの文字を見ても、ロクピーとは読めずにロッピーとなってしまいました。

おそらくこの衝撃的事実を知った方は、脳みそがロッピーチーズに変化したと思います。

 

雪印の「6Pチーズ」の読み方が話題騒然?

誰もが知っているおなじみの、側面が青い丸い箱にはいった扇形のチーズですが、チーズが話題になったのではなく、読み方に衝撃が走りました。

雪印の「6Pチーズ」の読み方が話題になっています。

 

衝撃の発端は、

6Pチーズ【公式】(@6Pofficial)の「#ずっと間違えて覚えてたこと選手権  もう一度言いますが『ロッピー』チーズです」というツイートです。

写真のパッケージのサイドには、たしかに「ロッピー」とフリガナがあります。

 

6(ロク)ピースあるからロクピーだとばっかり思っていました。

ろくぴーと言い続けてきたわたしの人生のなかで、思いっきり脳みそが衝撃を受けたのです。

 

「ロッピーチーズは雪印~♪」と言われても……。

わたしの耳には、ロクピーチーズは雪印~♪としか聞こえていませんでした。

 

なるほどこれでは英語が覚えられない訳だと、最近気づいてしまったのです。

最新情報をチェックしよう!