働き方

60歳から本気で働くなら自営業もいいかなと思って

60歳で雇われる働き方をやめた時、これからはネットの仕事も一つの選択肢だと思います。

今はインターネットもパソコンもあるのですから、自分でやろうと思えばできる時代なのです。

ただ、今まで雇われて働いていた人が、ネットの仕事で今すぐに稼げるかというと、難しいでしょう。

60歳からすぐにお金を稼ぎたいと思ったら、50代から準備して始めていないと、都合よくお金は稼げません。

 

スポンサーリンク



 

60歳からネットを利用して働く方法

パソコンを使えるということが前提ですから、50代の収入のある時に学んでおくと、リスクなく継続できると思うのです。

 

ネットで仕事をすることについて、雇われる働き方のように、誰かに仕事を与えられて仕事をするという考え方なら、大きな間違いをしています。

 

ネットだからと甘く見ているわけではないでしょうが、60歳から本気で働くなら、今までの経験やこれからやりたいことを、ホームページやブログを使って、情報発信するやり方です。

 

自分でテーマを考え記事にして、ページを作るのですから、サーバーやドメインとかワードプレスについても基本は理解していないといけません。

 

それから、意外と難しいのが記事を書くという作業ですね。

 

お金を稼ぐ理屈やノウハウは分かったとしても、実際に行動することの大変さが、まだ分かっていないと思います。

 

こういった記事を書く作業も慣れることですから、50代からコツコツ記事を書いてみることが大切です。

 

50代後半から仕事が終わったあとに本気で準備をしておくなら、60歳から自営業で働くのもいいかなと。

 

60歳から本気で働くなら自営業もいい

わたしの経験では、ネットでお金を稼げる手ごたえを感じたのが、半年くらい記事を書いて投稿していたころからでした。

 

半年ぐらいならと思うでしょうが、わたしの場合は失業中でしたから時間も十分あって、ネットのお金の稼ぎ方についても、じっくり学ぶ事ができたからかもしれません。

 

こういったことが分かっていないと、60歳からネットの仕事を始めても、無駄な時間を過ごすだけで終わってしまいます。

 

ネットの仕事の場合、それ程お金も掛からないので始めることは簡単です。

 

お金のリスクはないでしょうが、60代からの貴重な時間を無駄にするリスクはあります。

 

ですから、会社で働いて収入のある時に、そういった見極めも必要ではないでしょうか。

 

60代は年金もあるし、60歳から本気で働くならネットの仕事で、自営業もいいと思うのです。

 

60歳から65歳の5年間は、会社で働いていた時間よりも貴重な時間になりますから、自分で働くなら本気でやる覚悟がない場合は、お勧めできません。

 

60代は年金もあるし、60歳から本気で働くならネットの仕事で、自営業もいいと思うのです。

 

60歳から働く選択肢は他にもある

60歳からでも雇われて働ける場があるなら、まずは働くことだと思います。

 

もし、それでも働く場がないという場合は、自宅でできるクラウドソーシングという働き方も考えてください。
クラウドワークス

自分に合った仕事があればいいのですが。

クラウドソーシングでも比較的多くの人がやっているのが、ライティングの仕事かもしれません。

 

このクラウドソーシングで自分に合った仕事がないとかできないとなると、ネットを利用して自分の力でお金を稼ぐことは無理です。

 

60歳からネットの仕事で働くことは選択肢から外しましょう。

アルバイトの仕事もあります。」

1日から働ける激短バイト!ショットワークス

バイトル[コンビニ]のアルバイト情報を検索

60歳からパソコンを使わないで働くバイトもあります。

 

60歳からのアルバイトの場合は、今までの収入より稼げなくなってしまいますが、いずれ年金も入るのですから、稼げるうちにとにかく稼いでおきましょう。

 

60代は年金も受給できますから、60歳から本気で働くなら家でもできるネットの仕事で、自営業もいいかなと思ったのですが、無理はしないでください。

 

-働き方

© 2020 シェアじゃんblog